サミー85(ラッキークラフト)インプレ。サミー100とスライド幅の違いで使い分けたい。

日本製釣れるペンシルベイトの定番ともいえるラッキークラフトのサミーシリーズ。

そのサミーシリーズで最初に発売されたのが85だったと思います。

発売された当初はショップにたくさん並んでたのに、あっという間に人気ルアーになって買えなくなったのを覚えています。

デザイン

サミーシリーズで共通しているデザインは背中側が真っ直ぐで、腹側は湾曲したボディという所ですね。

特にこの85サイズは腹側の湾曲が大きくなっています。

そしてこの口の小さなカップもサミーシリーズの共通のデザインですね。

このカップでアクションした時に小さなポップ音を出します。

首振りの幅は狭め

サミー85はサミーシリーズの中では首振り幅が狭めです。

狭めといっても普通の首振り幅くらいは動きますけどね。シリーズの中では狭めといった感じです。

イメージ的にサミー100は琵琶湖などの広大なオープンウォーターで魚のを探すのが得意で、サミー85は岸際やアシ側、障害物周りをネチネチと探るのが得意な感じです。

レスポンスの良い水を切る首振りは使っていて気持ちいいです。

サイズ

全長は名前の通り85ミリ、ウエイトは12.6gです。

実はサミー100のウエイトは13.6gしかないので、サミー85とサミー100はほとんど同じ使用感なんですよ。

なので私は首振りの幅で使い分けるために85サイズと100サイズがあるんじゃないかと考えています。

参考までにフックサイズは前後共に4番です。これもサミー100と同じなんですよね。

最初に出した85の首振りの幅を大きくしたのが後発で出た100サイズ。

ウエイトはほぼ同じなので首振りの幅の好みで使い分けて下さいって感じですね。

カラー

出典:ラッキークラフト

たくさんカラーバリエーションがあるイメージのサミー85。

実はそんなにカラーバリエーションがあるわけじゃないんです。

現在ラインナップされているのは8色ですね。

ラッキークラフトの他のルアーと比べると少ないですが、8色あれば十分ではありますけどね。

アクション

動画の4:30秒あたりからがサミー85のアクションです。

上手い人が動かしているから良く動くんじゃないの?と思う人もいると思いますが、少し練習すれば誰でも同じように動かせるのがサミーのすごいところ。

しかも首振りからダイビングまでこなします。

爆発的な人気だったのが納得できる動きです。

まとめ

発売当初に売れ過ぎてしまったのもあって新品が売れるの?と思うくらい中古の在庫が豊富です。

新品が売れなくなると人気が無くなったとメーカーさんは感じでしまうかもしれませんが、それは違います。みんな中古で補充しているんですよね。

なので廃盤だけにはして欲しくないなぁと思っています。

サミーみたいなケースでモデルチェンジしてしまうルアーが良くあるのですが、その度に残念なんです。

そうならない為にもたまには新品で買ってあげて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です