バップ(ラッティーツイスター)インプレ。チャガータイプの珍しいフロッグ。

ポッパータイプのフロッグはいろいろとありますが、ウィードレス性能が下がるのを気にしてカップが小さい物が多いんですよね。

それはそれで使いやすいのですが、ほぼオープンのところで使うならしっかりと音がでる物を使いたくなります。

今回ご紹介するラッティーツイスターのバップは気持ち良く音が出ますよ。

デザイン

出典:ラッティーツイスター

プラグのポッパーでもボディと同じ幅でカップがある物は珍しいですよね。

バップはフロッグなのにボディの太さのままカップがあります。

そしてカップは大きいだけでなく、しっかりと奥行きもあります。

これによって空気を水中にしっかりと送り込めるんですよね。

テール側はゆっくりと絞られていって細くなります。

テールが絞られている事でテール側の浮力が小さくなって斜め浮きに改造しやすくなっています。

音は完全にチャガー音

バップはフロッグのポッパーでは珍しくチャガー音をしっかりと出せます。

写真で見ても分かる通りフラポッパーのような大きなカップなのでゴボォンと気持ち良く出せるんですよね。

ライギョをメインターゲットに作られたフロッグですが、琵琶湖のウィードパッチなどの広いエリアの魚を呼び寄せて食わせるにはとても使いやすいフロッグです。

リザーバーの垂直岩盤とかでも良さそうですね。

フックとボディとの隙間が実はキモ

フロッグは引っ掛かりにくくするために針先をボディに当ててあるフロッグが多いですよね。

フロッグ全体が綺麗に潰れるフロッグなら針先をボディに当てていても、魚が咥えたときにちゃんと針先が出るので問題ないのですが、ポッパータイプはきちんと潰れにくいです。

ましてやバップのようにボディと同じ太さでカップがあるフロッグは潰れにくいだけで無く、フッキングの時にカップが邪魔をしてしまいます。

そのフッキングの悪さを解消するためにバップは針先がボディより離れているんですよ。

これだけ針先を離しておくとフッキングに問題は感じませんね。経験上ちゃんと持ち込めばしっかりと掛かります。

もちろんウィードレス効果は低くなりますが、そもそものコンセプトがライトカバー用のフロッグですからね。

フッキング性能を優先するのが正解だと思います。

私は改造する時フッキング性能を優先して針先は写真くらいの位置にするようにしています。

口はしっかりと縛るのが使いやすい

どのフロッグも口を固定すると使っていて快適になりますが、ポッパータイプは特にそう感じます。

カップに抵抗を受けるのでやっぱりズレやすいんですよね。

固定しないなら、いっそことズルズルにズレるくらいにしておいた方が快適ですね。

中途半端に固定して、ズレた後自分で戻さないといけないのが1番使いにくいです。

口をしっかりと固定すると、ボディが潰れた時にボディがズレにくくなってフッキングが悪くなってしまうのですが、針先をボディから離しておけば問題ありません。

この点からもポッパータイプに関しては針先をボディから離しておいた方が使いやすいんです。

ちなみにライギョでも使うフロッグはワイヤーで縛るのが私の好み。

歯で切られる事なく長持ちします。

首は振りにくい

バップはこれだけ大きなカップを持っていますので、やっぱり首は振りにくいです。

上手いこと動かせば振らない事も無いのですが、あえてバップで首を振らせなくても良いかなって思ってます。

首を振らせるチューニングよりも、写真のようにブレードを付けてピンポイントで誘えるようにした方が私は良いと思ってます。

全く首は振らせないで、その場でチャガー音&ポーズ。

時折ゆっくり巻いてブレードのキラキラ。

そんな使い方がとってもいい感じです。

針はしっかりとパンドーで固定

フッキングを高めるためにボディとフックをパンドーなどの接着剤で固定しない改造もあるのですが、針先をボディから離しているバップはガッチガチに固定しても大丈夫です。

完全に固定すればフックの位置を調整する事をしなくても良いので使っていて快適ですよ。

ライトカバー用と割り切って使えば、ライトカバーでとても使いやすくなります。

どこでも使えるようにすると、どこで使っても完璧にはならなくなっちゃうんですよね。

created by Rinker
スリーボンド
¥1,400 (2020/11/30 00:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

シンプルな形状ですがとても理にかなっているデザインのバップ。

完全にオープンなところでチャガーとして使っても不満なく使えるフロッグです。

カバー用のフロッグだけでなく、ライトカバー用のフロッグとしてバップを準備しておいてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です