ポップスウィンガーセラフ(ザウルス)インプレ。ダーター?ポッパー?ペンシルポッパーです

ザウルスのトップウォータープラグの中でも特徴的なデザインのポップスウィンガー。

私がルアーを始めた頃はバルサ製のポップスウィンガーしか発売されておらず、なかなか買えるような物では無かったのですがセラフで発売された事で一気に身近になりました。

オリジナルのポップスウィンガーは使った事は無いのですがセラフのポップスウィンガーは面白いルアーですよ。

デザイン

手に入らなかった時代の時にまずこのデザインに惹かれました。

その頃憧れたバルサのオリジナルとはちょっと違いますがセラフも同じく魅力的です。

だって当時こんなデザインのルアー無かったんですもん。

カップはダーターのように上下のアゴが出たカップ形状。

下アゴよりも上アゴの方が出ています。コレがポップスウィンガーのアクションのキモなんじゃないかと思ってます。

サイズ・ウエイト

全長は110ミリ、ウエイトは20gです。

割と大きめのプラグになりますね。

フックは確か純正は前後共に4番だったはず。

私はダブルフックの2番に交換しています。

ポップスウィンガーはテール側に大きめのウエイトが入っている事、テールの形状が風の影響を受けにくい事から、とても投げやすいルアーです。

またカタログにも記載されていたと思いますが着水の時にテールが刺さるように着水して少し潜ります。

なので岸ギリギリとかに入れやすいんです。

それも考慮して私はダブルフックで使っています。

首振り良好

ポップスウィンガーは首振りすると聞いていましたが、こんなに大きなカップが付いていてちゃんと首振りするのかな?と思っていました。

ところが良い意味で期待を裏切られました。首振り良好なんです。

そりゃあペンシルと比べたら動かしにくいですが、狭い首振り幅で、ペンシルではなかなか出しにくい動きをしてくれます。

その動きのキモはカップ形状。

上下にアゴは出ていますが、奥行きのないカップなのでけっこう水を切ってくれるんです。

下アゴは首振りをした後に惰性で動くのを防止し、上アゴは水しぶきを飛ばします。

デザイン優先のルアーかと思いきや、けっこう考えられたデザインだと思いました。

こんな場所で投げたい

ポップスウィンガーの特徴である幅の狭い首振りと、キャスティングのしやすさ。そして着水で矢のように水面に刺さる着水を活かせる場所はオーバーハングしたピンスポット。

刺さるように着水するので、着水点よりさらに奥に入っていくんですよね。

そして移動距離の少ない、幅の狭い首振りをオーバーハングの下でさせる。

まさに則さんがやっていたトップウォータープラッキングの世界です。

ジョンボートで座りながらやりたい釣りですね。

まとめ

もともとトップウォーターの釣りは好きでしたが最近更に好きになってきました。

朝の短時間の間トップウォーターだけを持って釣りする事が増えたんですよね。

ボックスから今日どのルアーを使おうか選んでいるだけでも楽しくなります。

ガッツリ釣りに行くのも楽しいですがのんびりの釣りも楽しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です