リンキンシャッド(ティムコ)。ジョイントボディのワームでミドストするとウネリ方が違う

ティムコからこんなワームが出ている事知りませんでした。

ジョイントボディのワームのリンキンシャッドです。

ミドストをメインに何でも出来るワームのようですが、ミドストの動きは特に魅力的です。

出るのが早かったワームだと思います。

ジョイントボディ

出典:ティムコ

横から見たらどうなっているのか、あまり分かりませんよね。私も最初は?って感じでした。

ですが、よーく見てみるとボディ中央部分にくびれらしき物があります。

出典:ティムコ

上から見ると明解ですよね。

中央でくびれているんです。横から見た時はくびれた所が見えないデザインになっているんですよね。

コレ横から見た時の見た目だけで無く、ボディがたわんだ時にたわみすぎないようにする効果もありそうです。

単純に細くしただけだと、良く動くけど大きく動き過ぎるんですよね。

大きく動きすぎるとミドストのロールアクションが出にくいと思います。

ミドストはワームが横になった状態で引っ張られる

出典:ティムコ

凄い。と思ったのがホームページに載っているアクション動画のミドストの動きを見た時。

上の写真は分かりにくいですが、動画を見てもらうと分かりやすいと思います。

ミドストって細かいアクションでワームをロールさせますよね。

つまりワームは左右に倒れながらロールしています。

と言う事は、ロッドのアクションが伝わった時はワームは横に倒れているんです。

横に倒れた状態でアクションが伝わるので、ジョイントボディが良くウネっているんですよね。

ですが、ただウネるだけではロールしにくいと思います。

ウネった後、次のロールに移るまでにウネりが戻ってるんです。

コレは先程書いた、横から見た時にくびれを隠しているボディの部分がウネりを跳ね返しているから。

この動きを見て、今までのミドストのアクションとはちょっと違う!凄い。と感じたんです。

カラーも豊富

出典:ティムコ

カラーは11色のラインナップです。

クリアな所、マッディーな所どちらでも使いやすそうなラインナップが揃っています。

まとめ

このワームは2年くらい前に発売されていました。

それほど騒がれていないように感じますが、他のワームのミドストと違う動きなので試してみる価値は充分にあると感じました。

池原・七色で有名な山岡さんが監修しているのも間違い無さそうだと思えますよね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥880 (2020/09/25 21:30:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です