チビタレル(ジャッカル)インプレ。食べ頃サイズのギル。アクションも多彩

最近スイムベイトは小型化してきていますね。

ガンタレルの小型化版として出てきたチビタレルですが、今となってはちょうどオリジナルサイズくらいに感じます。

ルアーのサイズって、その時代に馴染むサイズがありますね。

見た目は、まんまギル

シルエットはまさにギルそのままです。

リップも無いのでフックが付いてなかったら模型みたいです。(カラーは全然リアルじゃないですけど)

顔周りの作り込みもかなりリアル。

中途半端なリアルは好きではありませんが、ここまでリアルだと好きです。

フックは全てスイベルアイ

最近はフックがスイベルアイになっているルアーが増えましたが、ガンタレルはスイベルアイの走りだったような記憶です。

小さくなったチビタレルにもちゃんとスイベルアイが搭載されています。

でもスイベルアイって掛かってしまえばバレにくいとは思うのですが、掛かるまでは針先がしっかりと前を向いている通常のアイの方が良いような気がします。

実際に釣れた時掛かっているフックは前を向いているフックの確率が高いですしね。

魚が首を振った時にバレやすい大きめのプラグはスイベルアイ、普通のプラグはノーマルアイが良いと私は思います。

ラインアイもスイベルアイ

フックアイがスイベルアイなのはたまにありますが、ラインアイまでスイベルが入っているのは珍しいですよね。

しかもボールベアリングスイベルが入っているのでラインのヨレはかなり解消してくれます。

強度的にはぶつけたら壊れてしまうので注意が必要です。

私は一つ壊してしまいました(泣)

でも無理矢理ヒートンをねじ込んだらちゃんと泳いだので、壊してしまった人は捨ててしまう前にヒートンを付ける事をオススメします。

フェザーフックは効果がある(気がする)

フックは前後共にフェザーフックが標準で装着されています。

実はフェザーフックの効果って、ポッパーとかの動きに影響がある場合以外は効果は無いと思っていたのですが、そんな事は無いと気がつきました。

活性が高いときは差はないのですが、あと一歩で食わないといった時にフェザーフックだと食うという事が確実にありますね。

フェザーでもティンセルでも良いのでフックに何かが付いていると食いが良くなる事があるのでフックを交換する時は、ちゃんとティンセル付きフックに交換する事をオススメします。

アクション

チビタレルの動きはただ巻きでは振れ幅の狭めなS字系の動きです。

もう動きを見ているだけで釣れそうと思う人がほとんどだと思います。

トゥイッチを入れるとターンまでするので非常に優秀なルアーですね。

ただ巻きにトゥイッチを入れてやると反応する魚がいると思います。

ちなみにバス以外にもライギョで私は使っているのですが、ライギョは何故かフッキング率が低いです。

ラインが走るくらい持っていかせても、けっこうスッポ抜けるんですよ。

もしかしたら背中の方を食っているのかもしれませんね。

まとめ

ギル型のルアーを初めて使う時はチビタレルが使いやすいと私は思います。

とても優秀な動きなので使っていて楽しいですしね。

ここで食わせたいと思った所で、トゥイッチを入れて魚が反応した時はとても釣った感があるルアーです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です