10年以上作り続けられている各社カバージグをまとめてみました。

最近あまり使う人がいなくなってきたカバーを攻めるラバージグ。

掛かりの深さや、フォールスピードを抑えられる子供など、テキサスリグと使い分ける事で魚のキャッチ率は上がると思います。

今回は各メーカーが10年以上作り続けているカバージグをまとめてみました。

デプス、フラットバックジグ

出典:デプス

カバージグとしてまず頭に浮かぶのはデプスのフラットバックジグ。

カバージグの選択肢が少ない現在、使っているカバージグはフラットバックジグだけという人も多いと思います。

伊藤巧さんがアメリカで結んでいたジグがフラットバックジグだった事は驚くと共に、フラットバックジグの完成度は高いんだと改めて思いました。

出典:デプス

写真のように低重心のヘッドでカバーのすり抜けも良好で文句無しに使いやすいジグです。

比較的大きめのジグなのでボリュームが欲しい時に使いたいですね。

osp、ゼロワンジグ

出典:osp

ospのゼロワンジグはコンパクトなカバージグです。

特徴的なのは幅広のブラシガードに、横向きのアイ。

当然ですがラバージグはブラシガードで障害物を避けます。

その時にブラシガードの幅が狭いと横から針先に引っかかってしまうんです。

幅広のブラシガードはそれを防いでくれます。

また横向きのアイは、バスの口の中でジグが横になっていても合わせの時には起き上がって上アゴを深く貫くフッキングを決めてくれます。

個人的にはカバーにフリップで入れる使い方よりもキャスティングで使いたいジグです。

created by Rinker
ZERO-ONEジグ
¥638 (2020/12/04 01:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

ケイテック、モデルI

出典:ケイテック

私が初めてラバージグで釣ったのはこのケイテック、モデルIでした。

アンクルジョッシュのNo11を付けてアシ際に落としていたらラインが走ったのを今でも覚えています。

このジグの良さは何と言ってもバランスの良さ。

フリップしても良いし、キャスティングで使っても使いやすいです。

コンパクトなので野池のフローターの釣りでは良く使いました。

ブラシガードに合わせてヘッドの形状を作った初めてのラバージグだと思います。

がまかつ、コブラ27

出典:がまかつ

今はほとんど見かけなくなってしまっていますが、がまかつのコブラ27も長い事作り続けられているジグです。

20年前に八郎潟に遠征する時コブラ27のヘッドにラバーを巻いてたくさん持って行きました。

そして無茶苦茶たくさん釣れました。10投連続で40アップが釣れたのは良い思い出です。

今となってはすり抜け性能はフラットバックジグには負けますが、決して引っかかりやすいジグではありません。

カバーにフリップする釣りでは今でも活躍出来るジグだと思います。

ノリーズ、ガンタージグ

出典:ノリーズ

ガンタージグは今はガンタージグフリップという名前になっているんですね。

個人的にはまだガンタージグだった頃に使っていました。

当時は私が行くショップには、ラバージグはゲーリーのジグとガンタージグがたくさん並んでいて自然と使っていた記憶です。

子供の頃に使っていたので、バスよりもライギョ釣りの方が良く使っていましたが、護岸際に落としてラインが走る釣りは楽しかったですね。

自然とフリップみたいな使い方をしていましたが、今カタログではフリップで強引に引き寄せるような釣りで本領を発揮すると記載されています。

キャスティングで使うというよりはピンポイントに落として使うのを想定されて作ってあるようです。

たまたまですが、メーカーが想定した使い方を子供の頃の私はしていたようです(笑)

エバーグリーン、キャスティングジグ

出典:エバーグリーン

個人的にはほとんど使っていないのですが、カバージグでこのジグは外せないでしょう。

菊本プロがキャスティングジグにビッグダディを付けた釣りでデカバスを釣まくっていたのは多くの人が知っていますよね。

このジグも20年以上前から作り続けられているジグで、タングステンになったりシリコンラバーになったりはしていますが大きな変更は無いまま作られています。

まとめ

カバージグは種類が減ってしまいましたが、残っているものはゼロワンジグを除いて全て20年以上作り続けられている名作ばかりでした。

今回の中では1番新しいゼロワンジグでさえ15年以上の歴史です。

カバージグの人気が少なくなった事によって本物だけが生き残った感じですね。

ほとんど売れないといってもいいカバージグを各社作り続けるのは、やはり必要だからだと思います。

フリップで使う場合は1/2オンス、キャスティングで使う場合は1/4オンスあたりをベースに使うと使いやすいと私は思います。

テキサスリグを投げていた所にカバージグを投げると良い魚が釣れるかもしれませんよ!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です