ワールドミノー(シマノ)インプレ。確かに良く出来てる。あとはルアーとしての魅力付けかな。

スポンサーのルアーですら辛口な事が多い黒田プロ(笑)

自分でもメーカーから使いにくいタイプと言われていましたが、購入者の私達からしたらとても信頼できるプロです。

その黒田さんがワールドミノーに関しては褒めてたんですよ。

使ってみたのでご紹介したいと思います。

サイズ

全長115ミリ、ウエイトは17gのサスペンドタイプのみとなっています。

標準のフックは3本とも5番が付いていて、スプリットリングらは全て番かな。

この状態で微妙に浮くくらいのジャストサスペンドです。

私はフロロカーボンラインを使うのでスローフローティングにチューニングしているのですが、フックを太軸の6番(マルトのバーブレスです)、スプリットリングを1番に変更しました。

これでちょうど良いくらいのスローフローティングになっています。

フロロカーボンラインがしずみ始めたらちょうどサスペンドするくらいですね。

初めてAR-Cのプラグ買いました

シマノのAR-Cが良いという話しは聞いたことがありました。

私はシーバスもやるのでAR-Cが付いているサイレントアサシンが良く飛ぶと聞いていたのです。

ただボートでやる事がほとんどだったので、やっぱりビーフリーズとX-80で充分かな。という事で購入した事はありませんでした。

今回初めてAR-Cのシステムを触ったのですがけっこうバネの力が弱いんですね。

ルアーを立てるとウエイトが下がるくらいのバネの強さです。

もちろん着水の時には1番前まで動いて、動き出しのレスポンスは固定重心並みなのですが、このバネの弱さによって面白い効果がありました。

ただ巻きではサイレント、ジャークすると音が鳴る

ワールドミノーはAR-Cのウエイトのみでラトルはありません。

なのでただ巻きではサイレントミノーのラトル音が無い動きです。

でもAR-Cのバネって立てただけで曲がるくらいなので、ジャーキングして一気に動かしてやると曲がるんですよ。

なのでジャークした時にウエイトが後ろに移動して、またバネの力で前に戻ってくるんです。

ジャーキングの時ルアーは一気に動いて、一気に止まるのでウエイトが勢いよく写真の矢印の部分に当たります。

この時にワンノッカータイプのような(ちょっと違う感じなのですが)音がけっこうするんですよ。

これがAR-Cの副産物で生まれてきているので面白いと感じました。

また人間の目では分かりませんが、メインのウエイトがこれだけ勢い良く移動して急に止まってという動きをしているので、きっとボディに普通とは違う動きを与えていると思います。

リップの取付方とアイの位置はTDミノーに似てる

リップとラインアイを見ていて何かのルアーに似ているなぁと感じました。

そうです、TDミノーですね。

雰囲気似てませんか?

ワールドミノーのデザインシンプルで好きだなぁと思っているのですが、大好きなTDミノーに何となく似ている気がします。

私だけかな(笑)

フラッシュブースト思ったより効果あり

もともと反射板入りのカラーが好きな私。

なぜ好きなのかと言うと、シルエットが見る角度によって細くなったり、広くなったりする唯一のカラーだからです。

その体積の変化が効果あると思っているんです。

(ヒロ内藤さんが言っていたのを信じているだけなんですけどね)

なので反射板入りなのは嬉しいですが、ユラユラ動かなくても良いかなって思っていました。

ですが手に取ってみると思った以上にユラユラし続けるから驚きました。

これは確かにクリアなところではフラッシングの効果があるかも。と感じたんです。

反射板入りカラーは体積の変化で食わすカラーだと考えていましたが、フラッシュブーストだけはブレードのようにキラメキで食わすカラーですね。

ダートはトルクのあるダート(キレキレでは無い)

ジャークした時の動きはけっこうトルク感を感じるダートでした。

幅広くキレのあるダートではありませんね。

キレのあるダートはスレていない所や、小さい魚が好きなイメージですが、トルクを感じるダートは大きめの魚が好きな印象です。

最初は動かしていて楽しいキレのあるダートが好きでしたが、トルクのあるダートが効くことを体験してから両方とも必要だなという考えに変わりました。

大きめのサイズ感も相まって大きめの魚を狙う時に使いたい印象です。

ちょっと足りない

良く飛ぶし、泳ぎ出しは良いし、良く動くしとても良いルアーだと感じています。

ただ名作と呼ばれるルアーと比べると、ルアーとしての魅力というかオーラがちょっと足りない気がします。

ラトリンログやロングA、ラパラ、日本ので言うとメガバスのワンテンと比べるとパッと見た時のオーラが足りないんですよ。

シマノのバス用ルアーって一目見ただけでシマノだって分かりました。

村田さんがやっていた頃も、今のバンタムのルアーも一目でシマノだってわかります。好みとかとは別にしてね。

(私は村田さんの頃のシマノルアーのデザイン大好きです。初代トリプルインパクトの時も特徴的で良かったですね。)

それがワールドミノーは足りない気がします。

性能は良いので贅沢な話しなのかもしれませんけどね。

まとめ

さすがお世辞を言わない黒田さんが褒めていたルアー。良く出来ていると感じました。

いろんな機能を全部乗せしていますが、それぞれがちゃんと機能しています。

ちょっとオーラが足りないと書きましたが、名作として残っていく可能性は感じました。

そしてずっと残っていったら勝手にオーラが出てくるのかもしれませんね。これがシマノのデザインだ!みたいにね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です