チャッキー(ロデオクラフト)インプレ。とにかく可愛い!交換可能なシングルフック搭載で死角ナシ!

ライギョ釣りもやる事からフロッグが大好きな私ですが、フッキングが良い小さいフロッグで久しぶりに良い!と思うフロッグが出ました。

それはロデオクラフトのチャッキーです。

見た目がめちゃくちゃ可愛いフロッグですが、とっても良く出来たフロッグです。

フロッグでとにかく釣りたい!という人にはまずオススメしたいフロッグです。

フロッグは小さい事が大きな武器なる

フロッグってプラグと違う所があります。

それは完全に魚の口の中に入らないとフッキングしない事です。

トレブルフックが付いたプラグは、プラグを飲み込まなくてもじゃれついただけでフックが刺さりますが、フックがボディに沿って付いているフロッグは口の中に完全に入らないとフッキングしないんです。

なので口の中に入りやすい小さいフロッグはフッキングが段違いに良くなるんですよ。

フロッグは良く出るけど乗りが悪い。

そう思っている人は是非小さいフロッグを使って見て下さい。びっくりするくらいフッキング率が上がると思います。

ロデオクラフトのチャッキーは完全な一口タイプ。

子バスでもしっかりと口に入るサイズです。

フック交換が可能

フロッグのフックって、そのフロッグの専用設計で作られているので基本的には交換出来ないんですよ。

交換用のフックはダブルフックの物はありますが、上手くボディに合っていなかったりして調整する必要があります。

ましてや、フロッグのシングルフックは私の知る限りでは交換用のフックはありません。

なのでフックがダメになったらフロッグごと交換だったんですよね。

ライギョ釣りの場合はフックがダメになる頃にはボディも穴だらけになっているので、交換になっても気になりませんでしたが、バスに使っているフロッグはボディはまだ使えるのになぁ。と思う事がありました。

チャッキーはデコイのワーム4ストロングワイヤー3/0がそのまま採用になっているので交換可能なんです。

これはとてもありがたい事ですね。

針先が鈍ったと思ったら研がなくてもフックを交換できる。

釣果に直接つながる、ありがたい設定です。

とにかく可愛い

フロッグって小さくて可愛らしい物もたくさんありますが、チャッキーはとにかく可愛い。

正面から見たらこんな顔だし、

腹側には足が書いてある(笑)

釣果に直接結び付く所ではありませんが、ルアーの魅力としては遊び心はとても大切ですよね。

この写真を撮っている時、隣にいた娘が可愛い、可愛いと連呼していました。

ブレードはすぐに外せます

ブレードはどのように付けてあるかと言うと、フックに引っ掛けてあるだけです。

フックにスプリットリングを通して、ゴム製のストッパーが付いてあるだけ。

なので取り外す事も容易です。

フックを交換する時も簡単に出来ますね。

ボディの素材厚め

ボディの皮(素材)が厚いと、破れにくくなるため長い事使えます。

その代わりボディが潰れにくくなるのでフッキングが悪くなると言われています。

でも私の感覚だとボディが潰れるよりも、フックがしっかりとズレる事の方が大切で、ちゃんとフックがズレるフロッグの方がフッキングは良いです。

残念ながら、まだ魚を掛けられていないのですが、手で触ってみた感じではフックは綺麗にズレました。

経験的には、この感じであればフッキングは問題無さそうだと思っています。

それにチャッキーはボディの皮の張りでフックをズレないように固定していそうです。

これが薄くなってしまったらフックがズレて使いにくくなりそうな気がします。

カラー

カラーは6色のラインナップです。

フロッグは個人的にはあまり色は関係無いと考えています。

しっかりと持ち込んだか確認出来る視認性が1番大切ですね。

あとは自分が使いたい、可愛いと思うカラー。

結局はこれが1番大切かもしれませんね。

まとめ

とてもシンプルなフロッグですが、フロッグ好きの私は良いフロッグだなぁと響きました。

チャッキーのようなフロッグってありそうで無かったんですよ。

同じクラスのシングルフックの名作フロッグにはベビーデントスがありますが、同じくらい気に入りました。

フロッグは一生使っても使いきれないくらい持っていますが、懲りもせずチャッキー大人買いしました。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です