スリーパークロー(メガバス)が気になる!フックが見えないシステムとクローワームの融合。

ビッグベイトのフックを取ると、今まで食ってこなかった魚がびっくりするぐらい食ってくる事があるみたいです。

それくらい魚はフックの存在に違和感を感じているのでしょうね。

じゃあフックが見えないルアーは無いのか?というと何種類かあるんですよ。

イマカツのステルススイマーやメガバスのダークスリーパーです。

どちらのルアーも名作として人気があるルアーです。

そして今回メガバスから新しくスリーパークローが発売になります。

ダークスリーパー同様フックの見えないシステムで期待大です。

凄いリアル

出典:ルアマガ+

もう上から見たら、まんまザリガニですね。

良く見ると分かりますが、この状態でフックもウエイトも付いているんですよ。

出典:ルアマガ+

横から見るとアイが見えるだけでフックはどこにあるのか探しても分からないレベル。

これくらい完全に隠れているので魚が見て違和感を感じる事は無いでしょうね。

背中の割れ目の先にはフック

出典:ルアマガ+

ダークスリーパーは背ビレの中にフックが隠れていました。

ズイールのハゼくんと同じ感じですね。

出典:メガバス

フックの存在を隠す事には成功していましたが、フックを覆っていたのが薄い背ビレだったので思ったより引っかかるなぁという印象を受けました。

でも今回のスリーパークローはフックが完全にボディの中に入っています。

つまり針先の先には分厚いボディがあるので、ダークスリーパーよりも引っかかりにくいはずですね。

その代わりに気になるのはフッキング性能ですが、メガバスがテストして作っているのだから問題無いように出来てるに決まってます。

楽しみですね。

釣れまくったらしい

伊藤社長がテストを行った時は反則的なくらい釣れて、ジグ打ちにはスリーパークローだけで良いかもとつぶやいたそうです。

そんなレベルの釣果を残しているとなると気になってたまりません。

ダークスリーパーのように発売してしばらくは手に入りにくい状況にならないと良いですよね。

ウエイトは3/8オンスと1/2オンスの2タイプで、発売時期はまだ未定のようです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です