スピナーベイトのシングルブレードはメリットだらけ。なぜ人気がないのか不思議です。

日本製のスピナーベイトのブレードのラインナップを見ているとほとんどがダブルウィローとタンデムウィローです。

私はダブルブレードも好きですが、シングルブレードも同じくらい好きなんです。

個人的にはダブルブレードと比べてシングルブレードの方がメリットは多いと感じています。

今回はメリットが多いのになぜか人気が無く、ラインナップされる事も少ないシングルブレードについて見ていきます。

シングルブレードメリット

シングルブレードのスピナーベイトはダブルブレードには無いメリットを持っています。

どのようなメリットがあるのか見ていきます。

ブレードの振動が手元に良く伝わる

スピナーベイトのブレードは回転する事で振動が発生します。

ブレードがシングルだと発生した振動がそのまま伝わりますが、ダブルブレードだと振動を打ち消しあってしまうんです。

そのくせブレードが2つ付いている分の巻き抵抗は残るのでブルブルは伝わらないのに、巻くのは重いという巻いていて気持ちが良くない感覚になります。

その点シングルブレードはブルブルした感覚が伝わりやすいので巻いていて気持ちが良い感覚です。

魚が食ってきた時にブレードの回る感覚が無くなるのも分かりやすいですね。

フォールでもブレードが良く回る

スピナーベイトはフォールの時にヘッドを下に落ちていきますが、ダブルブレードの場合フロントのブレードは物理的に回る事が出来ません。

回る事が出来ないどころか、リアのブレードが回るのを邪魔してしまう事が多いです。

その点シングルブレードはフロントブレードに邪魔される事が無いので着水からすぐに回り始めます。

この着水点からすぐにブレードが回り始める事はアシや対岸の護岸などの着水点で食わせたい場合に大きなメリットとなります。

飛距離が伸びる

どのレンジも探る事が出来る上に根がかりにも強いスピナーベイト。

そんな優秀なスピナーベイトの欠点は空気抵抗が大きい事で風に弱く飛距離が伸びない事。

シングルブレードは当然ダブルブレードより抵抗が少ないので飛距離が伸びます。

そして飛距離だけでなく、思ったところへ投げやすいアキュラシーの向上がはかれるのも大きなメリットです。

トラブルが減る

ダブルブレードのトラブルが特別多いという訳ではありませんが、シングルブレードと比べるとウィードなどのゴミが絡まりやすくはあります。

特にご飯ですよと呼ばれるトロロ藻が絡みついた時はなかなか不快ですね。

シングルブレードでも絡まりますが、取る事はやりやすいです。

シングルブレードのデメリット

フラッシングが弱い。

シングルブレードのデメリットというか欠点はフラッシングが弱い事。これに尽きると思います。

単純に二枚と一枚の差ですからね。

ダブルブレードと比べてシングルブレードのフラッシングは半分です。

クリアな場所では大きなデメリットになるとは思いますが、視覚で餌を追っていないマッディーな場所では特に大きなデメリットとは言えないと思います。

こんな所はシングルブレードが有利

着水後すぐに食わせたい時

まずは確実にシングルブレードの方が有利な時です。

先程までにも書いていますが、着水後すぐに食わせたいようなポイントではすぐにブレードが回り始めるシングルブレードが確実に有利です。

アシ際や対岸ギリギリを狙う時はシングルブレードを使うと今まで食ってこなかった魚が食う可能性があると思います。

縦のストラクチャーに付く魚を狙う時

シングルブレードではダブルブレードではあまり使われないテクニックが使えます。

それはヘリコプターと言われるテクニックで、ラインをフリーにして縦のストラクチャーに落とし込む方法です。

このテクニックはシングルコロラドが使いやすいですよ。

ゆっくりとブレードを回しながら落ちていくスピナーベイトで食わせるテクニックです。

普段あまりトレーラーは付けませんが落とし込む時はトレーラーを付けた方がしっかりとフックに食ってくると感じています。

ポイントが遠い時や広い場所を攻める時

魚にルアーが届かないと魚が釣れるはずもありません。

対岸に良いポイントがあるのにダブルブレードのスピナーベイトではギリギリ届かないような時はシングルブレードを使って飛距離を稼ぎましょう。

また広いウィードエリアみたいな所を広く探る場合も遠投が効果的ですね。

まとめ

シングルブレードの良い所を説明してきましたが、一度使って見ればシングルブレードの使いやすさが実感出来ると思います。

けっこうメディアに出てる人もシングルブレードの方が好きだと言う人多いみたいですよ。

特にシングルコロラドは好きな人はたまらなく好きといった感じですね。

スピナーベイトもいろいろな種類のブレードや組み合わせのパターンを使い分けると面白いと思います。

一度シングルブレードを試してみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です