BATRA-X(メガバス)。アイデアの塊フロッグ。ケミホタルが入れられるランブルテールは単体でも欲しい!

怪魚ハンターとして有名な小塚さん。

小塚さんはメガバスと組んでルアーの開発もしています。

今回、発売されるのはアイデア満載の多才なフロッグです。

オープンウォーターでのライギョ釣りが好きな私としてはとても気になっています。

BATRA-X

出典:ルアマガ+

まず、ルアーの名前の読み方がよく分からないですよね。

BATRA-Xと書いてバトラクスと読みます。

すでにモンスターキスから出ているバトラクスと同じ読み方です。

「X」が付いているあたりメガバスのルアーだと感じますね。

このフロッグ一目でジタバグのようにカップが付いていたり、テッケルのフロッグのようにテールが付いていたりと盛り沢山なのですが、全て取り外し出来て別のフロッグとして使える所が凄い。

小塚さんのように遠征で、持っていくルアーが限られている時には最適なフロッグだと思います。

取り外し可能なカップ

フロッグにジタバグのようなカップが付いたルアー。

これって十年以上前から実はあるんですよ。

私もちょっとカバーがあるようなポイントでライギョを狙う時に使っていました。

引っ掛からないジタバグとして使えたので便利でしたが、ウィードレス性能はフロッグと比べたら劣ります。

なので結局フロッグとカップ付きのフロッグの両方を持っていなくちゃならなくて、結局使わなくなってしまいました。

(アイが楕円形なのではめるだけでも傾かない!単純だけどナイスアイデア!)

BATRA-Xが凄いと思ったのはカップを外したら、完全に通常のフロッグとして使える事。

これは遠征だけでなく、出来るだけ軽い荷物で歩き回りたいおかっぱりでも大きなメリットだと思います。

テールのパーツも魅力的

テールに付いているシャッドテールのようなパーツ。

ランブルテールという名前のようです。

これもテッケルから似たようなパーツが出ていますが、新しいアイデアが組み込まれていました。

その1つが写真を見て分かる様にケミホタルが挿入できるようになっている事。

私はナマズ釣りではほとんどフロッグは使いませんが、ジタバグのようにカップが付いているBATRA-Xなら話は別。

メインルアーとして使う事も考えられますよね。

そんな時にはこのテールパーツにケミホタルを付ければ夜釣りでも視認性が高められます。

そしてこのランブルテール、トレーラーフックとしてダブルフックを付けた時に挟み込む事が出来るんですよ。

フロッグにトレーラーフックを付ける人なんて自分くらいだと思っていましたが、やってる人はやっぱりやってるんですね。

ちなみに私がやっているトレーラーフックの付け方はまさにコレ。

全く一緒です。

唯一違うのはスイベルを取付けるアイ。

私はフックにステンレスワイヤーの0.9ミリで作ったアイを取り付けて、それに付けています。

これに関してはフックにアイを取り付けた方がシンプルだったと思うんですけどね。

BATRA-Xはボディ内部に貫通ワイヤーが通っています。

ランブルテールを上手く動かす為にスイベルの位置を固定したかったのかな?

フッキングの時にボディが潰れる邪魔をしないかが気になりますね。

端部にリングみたいな物が見えるのでボディが潰れたら上手いこと角度が変わりそうですけど。

いろいろな使い方が出来る

小塚さんは発売する時には全て付けておくので、そこから引き算して使ってと言っていました。

写真のようにカップを外して、ランブルテールにラトルを入れてみたり。

スイベルにスカートを付けて、フロントにはバズのペラを付けたり。

もう何でも出来るって感じです。

バス釣りでしかフロッグを使わない人は改造するという感覚は無いと思いますが、ライギョをやっている人ってフロッグは自分好みに改造するものなんですよね。

でも普通は一つのフロッグで一つの改造。

違う改造をする時は別のフロッグを用意します。

でもBATRA-Xは一つで全てまかなうフロッグですね。

まとめ

やっぱり世界中いろんな所へ行くと違う世界が見えるのでしょうね。

他の方が作るルアーとは見ている方向が違うのを感じます。

他のルアーは、この性能を追求して作りました!

といった感じなのに対して

このルアーで他のルアーのこの動きも出せます!

みたいなアプローチですよね。

それぞれ違うタイプの釣り人がルアーを作る事で、いろいろな性格のルアーが生まれる事が面白いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です