ブルスライド3.4(デプス)。黒田プロが開発に携わったデプスの新作ワームが気になる!

デプスのサポートを受けるようになった黒田プロ。

以前その時の奥村社長とのやり取りの記事を読みましたが、デプスは凄い会社だと思ったのを覚えています。

簡単に言うと、デプスのサポートを受けている方がデプス以外のルアーで釣った事をブログに書かなかったら、奥村社長に何のルアーで釣ったか隠さずに書きなさいと怒られたという内容でした。

普通デプス以外のルアーを使うな。だとか、使った場合は表に出すなって方向だと思いません?多分サポート受けている人も気を使って隠したのでしょう。

それを奥村社長は他のメーカーのルアーが釣れるなら、釣れると書く!それでデプスとしてもっと釣れるルアーを作ればいいんだっと言われたようです。

懐の大きさが違うわ。そう思いましたね。

新作ワーム

出典:黒田健史のいろはにほへと

話が大きく逸れてしまいましたが、会社のトップがそんな考え方であるデプスにはとても興味があります。

黒田プロとデプスが組んで初めて出されるワームがブルフラットのバックスライド系のワームのブルスライドです。

ブルフラットに似たデザインですがワームの厚さが厚くなって、幅が狭くなったいるのが特徴的ですね。

出典:YouTube

バックスライド系のワームなのでフックはテール側から刺します。

コレがブルフラットのテールが2つに分かれたようなデザインになっている理由ですね。

は全く入っていないらしい

出典:YouTube

動画の中でチラッと言われていましたが、高比重のバックスライド系ワームなのに塩は全く入っていないようです。

塩の代わりに比重が大きくなる何かを入れているとの事。これはまだ何を入れたのかは不明ですね。

塩を使わなくなった事で、ワームの耐久性が上がっているようです。

塩をたっぷり入れた高比重ワームって一匹で壊れてしまったりするので、どれくらい違いがあるのか楽しみなところですね。

※修正します!塩が全く使われていないのはコアショット製法で作られた表面側の素材の部分だけのようです。内側の素材にはたっぷりと塩が入っていました。

フックは316RやTNSオフセットテストされた

出典:YouTube

ワームのフックは個人で好みがありますし、何を求めるのかでも変わるでしょうが、黒田プロはがまかつの316RやハヤブサのTNSオフセットを使ってテストをされていたようです。

この2つのフックであれば間違いはないのでしょうね。

created by Rinker
ハヤブサ(Hayabusa)
¥294 (2021/05/17 00:48:44時点 Amazon調べ-詳細)

動画ではTNSオフセットを使っていましたよ。

出典:YouTube

カラー

出典:黒田健史のいろはにほへと

カラーはデプスワームの中では定番と言える8色からの発売です。

私がデプスのワームを買う時も結局この辺りのカラーをかっているんですよね。

そういった方も多いのでしょうね。

たくさんバリエーションを作っても結局売れるのは定番のカラーなのでしょう。

でも売れ筋考えないで必要と思うカラーをどんどん追加していくデプスの姿勢は大好きです。

そのうちカラーは追加になりそうですね。

まとめ

出典:YouTube

自分の思った事をはっきりと言う黒田プロも、釣れる物を作ろうとし続けるデプスも個人的には好きです。

ブルスライドも良い出来なんだろうなぁと思いますよね。

発売は来年の春のようですが今から気になるワームです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です