使わないのは勿体ない!愛嬌があって釣れるラッティーツイスターのフロッグを紹介します。

夏も終わりフロッグを購入する季節がやってきましたね。

え!?これから冬なんだからフロッグを使うのは半年先でしょ。

と思う人多いですよね。

でもライギョマンはフロッグは年末に購入して真冬に改造。そして夏に使う!という人多いんです。

そして今回ご紹介するラッティーツイスターのフロッグは改造してから使うフロッグなのでバスで使っている人は少ないですが、可愛いし釣れるし良いフロッグなんです。

改造がハードル高く感じて使わないのは勿体ないフロッグですよ。

ぜひ今の時期に購入して、改造して来年使ってみて下さい。

ラッティーツイスター

出典:ラッティーツイスター

中部で人気の高井主馬さんが開発しているフロッグがラッティーツイスターのフロッグです。

共通している特徴はまず可愛い!カラフルでボックスに入っているだけで満足出来ちゃうようなデザインです。

そして次は基本性能がバッチリという事。

パーツの強度も、フックの鋭さと形状の品質も、フロッグのボディの皮の品質安定性も良いです。

フロッグって意外とフックが曲がっていたり、ボディの皮の厚さがカラーによって違っていたりするんです。

ラッティーツイスターは当たり前のように品質が良いので、買ってハズレを引いたー。と残念な気持ちになる事はないですね。

ラッティーツイスターのフロッグは大型の物から使いやすい小型の物まで揃っています。

今回はライギョだけでなく、バスやナマズにも使いやすいモデルをご紹介します。

ドロップ

まずご紹介するのは以前にも紹介させてもらったドロップです。

このフロッグの素晴らしい所は小さいボディに大きいフックを備えている事。

フロッグはプラグとは違って完全に魚の口に入らないとフッキング出来ません。

口の中に完全に入るには、やはりボディがコンパクトな事はとても効果的です。

では口に完全に入った後は何が必要か?というとボディがどの方向から潰れてもしっかりとフックポイントが出る事です。

小さいボディに大きめのフックを備えているドロップはフッキング最高です。

また小さい割にボディの体積は大きいので、ウエイトを多く載せる事が出来ます。

そのおかげで飛距離も文句無し。

良いフロッグです。

全長:55ミリ、幅:28ミリ

リリーパットジェリービーンjr

次に紹介するのはリリーパットジェリービーンjrです。

jrと入っている通りリリーパットジェリービーンの小型版のフロッグになります。

写真で見ても分かる通り顔がとても細くデザインされています。

そしてその細い顔から細長いボディが特徴です。

このフロッグは細長いシルエットからイメージ出来る通りペンシルベイトのような首振りが得意なフロッグです。

より首振りさせやすいようにアイに溶接リングが装着されている事。

しかも溶接部分に結び目がこないように楕円形になってる!親切!

首振りが得意ならオープンウォーター用のフロッグ?と思う方もいると思いますが、顔が細い事でカバーのすり抜けも得意。

どちらも得意な万能フロッグです。

全長:67ミリ、幅:21ミリ

【ラッティーツイスター】JERRYBEAN・JERRYBEAN Jr.(ジェリービーン)(マーブル・ラメ)

ビーンズ

ビーンズは名前の通り「豆」からデザインされたフロッグ。

枝豆から徐々にビーンズに変わっていく…

これを見ると確かにビーンズ(豆)だ!って感じですよね!

ビーンズはドロップとリリーパットジェリービーンjrのまさに中間のような存在です。

体積がある程度確保されているのでウエイトは載せる事が出来ますし、ボディの長さがあるので振り幅の広い首振りをさせることも出来ます。

そして何よりもシルエットが愛嬌満点。

ぶさ可愛いフロッグです(笑)

全長62ミリ、幅24ミリ

バップ

ラッティーツイスターの中で唯一のポッパー系フロッグのバップ。

見て分かる通りフロントのカップが大きい完全なポッパータイプのフロッグです。

フロッグのポッパータイプはウィードレス性能を優先してカップが小さい物が多いですが、バップは気持ち良いくらい割り切った形状です。

ウィードレス性能は通常のフロッグには劣りますが、ポッパーとしての機能には一切の妥協無しです。

しかもポップ男というよりはチャガー音が出るんですよ。フロッグでチャガー音が出せるのは珍しいですよね。

チューニングするときのポイントとして針先はボディから少し離した状態にしておくのが個人的にはベスト。

ウィードレス性能を考えてボディに針先を当てたくなりますが、大きなカップが邪魔をしてフッキング性能が悪くなります。

カバーが薄い所用と割り切って使う方が向いていると思います。

全長62ミリ、幅24ミリ

まとめ

ラッティーツイスターのフロッグは何とも言えない魅力があります。

それぞれの特徴を活かしてもらえばきっと使いやすいと思うと思いますよ。

改造はやってみれば簡単に出来ます。

糸鉛と収縮チューブと瞬間接着剤とパンドーさえあれば誰でも出来ますよ。

来年は改造したフロッグで楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です