ダイキチクランク ミナモトゴロー(ティムコ)インプレ。サブサーフェイスクランクの傑作だと思う。

サブサーフェイスクランク。

初めてサブサーフェイスクランクとして出てきたのはマンズのワンマイナスかズイールのアライくんだと思います。

ワンマイナスもアライくんも全国的に釣果を上げて人気のルアーでしたね。

サブサーフェイスクランクがマッディシャローで使い勝手が良いという認識が広まると各社からサブサーフェイスクランクが一気に発売されました。

ティムコからも吉田幸二さんが開発したダイキチクランクシリーズのミナモトゴローというサブサーフェイスクランクが発売されているのですが、これがとても良いクランクなんですよ。

デザイン

ルアーで1番大切なのはアクションなのは間違い無いのですが、アクションが良いだけでは深く愛せないのがルアーです。

やっぱり、そのルアーが持っている雰囲気もとても大切な要素の一つなんです。

ミナモトゴローはアクションも素晴らしいのですが、このデザインも素晴らしいと個人的には思います。

クランクベイトのデザインはバグリーのようなハンドメイドクランクらしいデザインも良いのですけど、ボーマーのようないかにもアメリカンクランクと言った雰囲気のデザインも大好きなんです。

ミナモトゴローはボーマーのようなアメリカンテイストを感じるデザインですね。

それでいて可愛らしい雰囲気も盛り込んであるのが吉田幸二さんらしい所です。

この上から見たデザインは本当にルアーらしい可愛さがあると思います。

ゲンゴロウをモチーフにしているのが、ミナモトゴローという名前から予想できますね。

バグリーのような目も良いですが、ボーマーのような目も良いなぁ。

サイズ

こんな可愛らしいデザインなので小さく見えますが、幅があるので案外とウエイトがあります。

全長は57ミリですが、ウエイトは14g。

ベイトリールでとても投げやすいウエイトです。

フックは前後共に6番が付いています。

しかもカルティバのST-31を標準装備。

軸が細めの鋭いフックなのでしっかりと刺さります。

ラトルは何と40個!

出典:ティムコ

ミナモトゴローを振ってみるとシャラシャラ軽快な音が鳴ります。

その理由は40個もの小さなラトルが入っているから。

マラカスサウンドというのがピッタリのラトルサウンドです。

大きい魚には低音のラトルが効くと言われますが、マラカスサウンドのような軽い音は数多く魚を釣りたい時に有利と言われています。

ミナモトゴローは魚を多く呼ぶラトルサウンドですね。

カラー

出典:ティムコ

カラーは10色のラインナップです。

とてもしっかりと作り込んであるルアーなのにカラーは遊び心があるラインナップ。

そこが良いんですよね。

ライムチャートなんてボーマーのルアーにしか見えないレベルです。

歴史あるルアーをリスペクトしつつ可愛いカラーも揃える。

完全に私好みのラインナップです。

アクション

サブサーフェイスクランクとサーフェイスクランク。

同じように感じますが実は全く別のルアーだと思います。

サブサーフェイスクランクはロッドを高めに普通のスピードで巻けば水面を泳いできますが、早めのリトリーブだと水面下30センチくらいを泳いできます。

一方、サーフェイスクランクは早く巻いても水面で泳ぐクランクだと私は考えています。

水面の早巻きにのみ反応するような時はサーフェイスクランクが有利ですが、ほとんどのケースで万能なのはサブサーフェイスクランクです。

ミナモトゴローは完全にサブサーフェイスクランクに属します。

ロッドを立てて巻けばけっこうな早さまで水面で泳ぎますし、ロッドを下げて早く巻けばちゃんと潜ってくれる。

ワンマイナスと同じコンセプトですね。

そして動きはウォブリングが強めのブリブリした動き。

小さめのリップからは想像出来ないくらいの大きな動きです。

使ってみたら、おっ!って思うと思いますよ。

1mを切るようなマッディシャローで使いたい。

クランクベイトはボトムや何かに当てて使うもの。

確かに間違いでは無いと思いますが、何も当てずに中層を巻いても良く釣れます。

特に1mを切るようなマッディシャローではボトムに当てるよりも水面や中層を巻いて浮かせて食わす方が良い事が多いと思います。

吉田幸二さんがホームとしている霞ヶ浦はもちろん、中部地方では大江川や五三川もピッタリのポイントですね。

私が良く行く浅い水路のようなポイントも良いと思います。

そのようなマッディシャローのポイントで中層を意識して使うのが適したルアーです。

まとめ

サブサーフェイスクランクは良いルアーが多いですが、ミナモトゴローはデザインの良さ、アクションの良さ、レンジの自由度どれを取っても良く出来ていると思います。

個人的にはアライくんに並ぶくらいのサブサーフェイスクランクの傑作だと思います。

おもちゃが入っているようなパッケージで本気で作っていないと勘違いした人は是非一度使ってみて欲しいと思います。

パッケージの印象とのギャップに驚くと思いますよ(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です