フロッグをスローシンキングにチューニングする方法を解説。沈むフロッグは良く釣れますよ。

毎年の冬の定例行事のフロッグのチューニング。

なんだかんだでこの時期にはフロッグをチューニングしています。

今年はウィップラッシュファクトリーのバイト・サイズドをスローシンキングにチューニングしてみました。

今回のチューニングはカバーが分厚い場所や、ポケットで水面直下を泳がせるイメージです。

バイト・サイズ

出典:ウィップラッシュファクトリー

バイト・サイズドは2020年に新しく発表された小型のフロッグです。

全長は58.5ミリでフックは4/0サイズ。

バスにも使えるサイズですね。

出典:ウィップラッシュファクトリー

カラーは22色のラインナップです。

今までの定番カラーにクリア系のカラーが増えて一気に種類が増えましたね。

チューニング

今回私が選んだのはクリアライム/レインボーフレークカラーです。

ライムチャートのようなカラーが綺麗で気に入りました。

バイト・サイズドの腹は比較的フラットでカバーの上で安定するタイプ。

スローシンキングにするとフラットな腹で抵抗を受けてアクションしやすい形状です。

フックをフロッグから取り外し、アイの部分にカップワッシャーを入れてスレッドを巻きます。

カップワッシャーがストッパーになってフロッグの口の部分がズレたり抜けたりするのを防ぐ目的です。

ぐるぐるに巻いて瞬間接着剤で固定して完了です。

created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)
¥1,461 (2021/08/01 02:55:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スミス(SMITH LTD)
¥162 (2021/07/31 19:53:46時点 Amazon調べ-詳細)

今回はラビットゾンカーを付ける事にしました。

一本だけだとボリュームが少ないので3本スレッドでフックに巻き付けます。

こちらも瞬間接着剤で固定します。

ここで一度フロッグにセットしてみてフィッティングを確認します。

考えていた通り上手いことフィットしました。

矢印の所にカップワッシャーがあるのが分かりますか?

カップワッシャーがボディの内側にフィットして浸水をガード出来ています。

スレッドで口元を結ばなくても浸水しないチューニングの一つですね。

次はラビットゾンカーの調整です。

フックをセットして伸縮チューブの位置を確認して。

ライターで炙って収縮させます。

次はウエイトのセット。

私は糸鉛の1ミリくらいが好みです。

これより太いのは使いにくいので0.8ミリか1ミリが良いと思いますよ。

スローシンキングにするので多めに巻いています。

スローシンキングの時は水平フォールもしくは少し頭下がりくらいに調整するのがコツです。

そうすれば連続アクションを付けても水面直下で誘えますよ。

尻下がりにするとすぐに浮き上がってくるので、重めのシンキングにする時は尻下がりにすると良いですね。

固定する前にボディにセットして実際に水に沈めて沈み具合を確かめます。

最初は多めに巻いておいて切りながら調整する方が楽に調整出来ます。

沈むスピードはゲーリーのセンコーより少し遅く沈むくらいの沈下速度にするのが使いやすいです。

ウエイトが決まったら固定します。

今まではエポキシでやっていましたが、最近UVレジンの手軽さにハマっているので今回もUVレジンで固定です。

すぐに固まるので本当に快適。

レジン本体は星の雫がベタベタしにくくて使いやすいです。

created by Rinker
パジコ(Padico)
¥2,678 (2021/07/31 16:57:11時点 Amazon調べ-詳細)

カチカチに固まりました。

固まったらそのままでも使えますが、ぶつけるとエポキシやUVレジンが割れてウエイトが剥がれる事があるので収縮チューブを被せておきます。

こうしておけば多少ぶつけてもウエイトが剥がれて使えないなんて事が防止出来ますよ。

ライターで炙って収縮させます。

後はボディにセットして今回は完成です。

シンキングに改造しているのでフックとボディのパンドーでの固定は行いません。

アイの部分から浸水しなければ案外ボディの中に水って入ってこないんですよ。

よっぽどでなければスローシンキングのままで使えます。

フックを固定しない事で魚が食った時にボディからフックがズレやすくなり、フッキングは格段に良くなります。

完成

スローシンキングフロッグとして使うのでラビットゾンカーは多めのフサフサで長めにしました。

水中でトゥイッチするとジョイントルアーのようにナチュラルに動いて良い感じです。

バイト・サイズドはノーマルのままでもフックがズレにくいフロッグなのでフックを固定しない改造に向いているフロッグですね。

フックをボディに固定する方法が一般的ですが、今回のような方法も個人的にはオススメです。

ボディに穴が空いてもフックを付け替えるだけですぐに使えますしね。

最初のハードルは高いかもしれませんが、やり始めるとフロッグのチューニングは楽しいです。

ぜひチャレンジしてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

2 件のコメント

  • 待ってました!いや、本当待ってました笑 このブログにたどり着いたのはフロッグのこと調べてヒットしたからでした。そしてチャッキーの記事を見て3体購入しました笑 ずっとシンキングにしたくて、しかし何から始めればよいかで悩んでいましたが、やってみます! 今年に入って毎週末池に行ってますが当たりすらありません笑 大阪はまだ寒いです。でも桜も芽吹き、そろそろですね!あっ、フィッシュマンbc4 510lh購入しました。自分に合うロッド探して自作もしましたが、とうとう見つけたと言う感じです!ulのようにキャストが楽しめるバス釣りど真ん中のキャスティングロッドです!これにカルコン乗せて右投げ専用にします。カルコン待ち遠しい笑

    • そうだったのですね(^^)
      フロッグは人それぞれ改造の仕方があるので今まで載せてきませんでしたが、これから改造する時は載せるようにします!
      フィッシュマンのロッドにカルコンは最高の組み合わせですね!羨ましいです!
      投げるのも巻くのも最高のフィーリングが期待出来ますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です