ジョインテッドシューティングボールヘッド(ハヤブサ)。このヘッドにラバーを巻いて使いたい。

発売からずっと人気があって品薄のリューギのフットボールヘッド。

特に最近全く売っているのを見ません。

確かに凄く良く考えられたシステムだと思います。

そして今度ハヤブサから発売されるジョインテッドシューティングボールヘッド。

ハヤブサからもフットボールヘッドが出るんだなぁと見ていたら、これにはしっかりとラバーが巻ける部分が付いていました。

フットボールのラバージグが好きでオフセットフックを使いたい人はコレ一択になりそうですね。

デザイン

ヘッドデザインを見ただけでシューティングボールのヘッドだな。というのは一目で分かりますね。

アイが埋め込まれたデザインで個人的に好きなフットボールジグです。

そのヘッドがオフセットフックを装着出来る様になって発売されるんだから気になっています。

そして他のメーカーのフットボールヘッドと違うのがヘッドにラバーを巻く首がちゃんと出ている事。

ヘッドだけでも釣れる事は分かっているんですけど、やっぱりラバージグで釣りたい時ってあるんです。

ラバージグとテキサスの一番の違いはフッキングだと思っているのですが、ラバーがある事でフォールスピードが落とせたり、ラバーで誘えたりとメリットはあると思います。

せっかくラバーが巻けるようになっているので私ならラバーを巻いて使いますね。

スプリットリングを付けるとフック倒れやすくなる。

監修したイヨケンさんが拘ったのがフックを直接ヘッドに取り付けられる事。

スプリットリングを付ければ簡単にフックが付けられるのですが、スプリットリングを付けてしまうとフックが倒れやすくなってしまいます。

この事はフットボールヘッドを使っている人なら良く分かっているところですね。

直結するで付ける事でフックが倒れにくくなって、魚の上アゴにフックが刺さる確率が上がると共に、根がかりも減少します。

フックのセットの仕方は知恵の輪のように引っ掛けてくるっと回せば完了という手軽さ。

フックを交換する手前もほとんど無さそうですね。

ウエイトは5種類

ウエイトは5種類ラインナップされます。

3/16オンス(5g)、1/4オンス(7g)、3/8オンス(10g)、1/2オンス(14g)、3/4オンス(21g)です。

最初からこれだけバリエーションを出してくれるのは嬉しいですね。

個人的にはどのウエイトも使いたいウエイトです。

間違いなく全てのウエイトを買うと思います(笑)

そしてワクワクしながらラバーを巻くんだろうなぁ。

まとめ

なかなか手に入れにくかったリューギのフットボールヘッド。

今年はハヤブサやデコイからフットボールヘッドが出るので今後は使いやすくなりそうですね。

テキサスだけでなく、所々で試して見て反応の違いを楽しみたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です