キロフックにナローゲイブが登場。珍しく掛け重視ではないナローゲイブ

こだわり始めたらとても深いフックの世界。

もともとはワイドゲイブのフックが好きでしたが、ここ5年くらいはナローゲイブのフックが好きです。

ナローゲイブのフックって針先が外に向いている掛け重視のフックが多いのも好きな所ですね。

深く掛かる掛け重視のフックは貫通力が下がるのですが、ナローフックはたわみにくいので貫通力を高めやすい。

つまり掛け重視の外を向いた針先とナローゲイブは相性が良いんです。

そして今回デコイからキロフックのナローゲイブが発売されます。

どのような形状か見ていきたいと思います。

形状

出典:デコイ

最初に形状を見た感想はナローゲイブなのでしょうが、ナローゲイブの中ではワイドな方だな。といった印象です。

例えば私が良く使うハヤブサのDASオフセットはこのような形状。

どうですか?かなりナローですよね。

DASオフセットは掛かりが素晴らしい反面、セットがやりにくいんですよ。

それこそ多くの釣り人が一回ワームをセットしただけで「使いにくい」と使うのをやめてしまうんじゃないかと思うレベルです。

その点キロフックナローは針先が極端に外を向いている訳でもない、とてもオーソドックスな形状です。

これならワームから一度出して針先だけを埋めるセット方法でもやりやすそうですね。

極端にナローではない誰でも使いやすいナローゲイブフックを狙ったと思います。

針先の向きの確認

上の赤い線が針先の向き。

下の赤い線がアイの向きになります。

針先から伸びる赤い線がアイに近づくにつれて幅が狭くなっていますよね。

この幅が狭くなっていくタイプは貫通力が高いタイプと言えます。

反対に幅が広がっていくタイプは掛け重視の口の奥深くに刺さるフックですね。

キロフックナローはもともと力をロスしにくく貫通力が高いナロータイプでありながら、針先も貫通力を高める向きを向いています。

動画で説明されているようにフッキングに力が入りにくいキャロライナリグと相性が良いフックだと思います。

デメリットとしては針先がアイの方を向いているので口の周りに浅く掛かる事が多そうな事。

強いロッドでの近い距離でのテキサスリグ等には余り向いていないでしょうね。

もともと、そのような使い方は想定されていなさそうですけどね。

ワームから一度抜いて針先を埋めるセットが良さそう

針先が外側に向いているフックはワームに刺す時一度抜いてから針先だけ埋めるセットが出来ません。

コレってけっこうストレスなんですよね。

慣れてくるとある程度は出来るようになるのですが、やっぱり針先だけ埋めるセットの方がやり易いです。

キロフックナローは針先だけ埋めるセットが出来てる(上の写真のブルフラット)ので快適にセット出来そうですね。

サイズ展開

キロフックナローのサイズ展開は3番から3/0の6サイズです。

1番多く使われるサイズなのでしょうがちょっと少ないですね。

特に4/0や5/0は欲しかったなぁと思います。

ストレートのロングワームにはピッタリの形状だとおもうのですが3/0では小さい事もありますからね。

今後の展開に期待します。

まとめ

ナローゲイブのフックとしては珍しく針先がアイの方を向いているキロフックナロー。

同じくナローゲイブで針先の方を向いているフックとしてはイチカワのPK-2がありますが、PK-2は太軸。

細軸ぎみのキロフックナローと使い分けが出来そうです。

フックを使い分ける事で獲れる魚は確実に増えます。

いろいろと試してみると面白いですよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
デコイ(DECOY)
¥420 (2021/08/01 05:46:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です