形状記憶ワイヤーのスピナーベイト何故消えた?柔らかくて変形しても元に戻る理想的なアームだったのに

スピナーベイトのアームって良く変形しますよね。

変形すると元の形ってどうだったっけ?って思いながら直しています。

でもそんな変形を気にしなくて良いワイヤーがあったんですよ。形状記憶のワイヤーです。

一時期は多くのメーカーが採用していたのですが、現在採用しているのはDEXスピナーベイトのみ。

コストが高くて採算が合わないのかも。と思っていましたが、DEXスピナーベイトの価格を見るとそんな事は無いと思うんですけどね。

形状記憶ワイヤーの特徴

私は今でも過去に発売された形状記憶ワイヤーのスピナーベイトを良く使っています。

特に私の地元でライギョをスピナーベイトで狙う場合には形状記憶ワイヤーはとても便利です。

ライギョを釣るとほぼ100%の確率でワイヤーは変形してしまうんです(汗)

でも形状記憶ワイヤーならすぐに元通り!

形状記憶ワイヤーの特徴をまとめてみます。

変形しても元に戻る

形状記憶ワイヤーの一番の特徴は変形しても元に戻る事です。

普通に使う中で考えられる変形程度でしたら、一度変形しても元の形状に戻ります。

魚を掛けても、根がかりを無理矢理外しても、ミスキャストしてぶつけても元に戻ります。

これはかなり快適な性能です。

耐久性が高い

スピナーベイトのワイヤーって何匹か釣って、そのたびに変形を直してを繰り返すと、そのうちワイヤーが折れます。

だいたい使っているうちに痛むのがヘッドの直上の所。

投げて手元に来たら、あれ?ヘッドが無い…

といった感じで折れます。

形状記憶ワイヤーは元に戻る程度の変形量だったら疲労が貯まらないのでしょうね。

私は使っていて折れた事はありません。

柔らかい

形状記憶ワイヤーってステンレスワイヤーと同じくらいの軸の太さでも柔らかいです。

感覚的には0.8ミリくらいでも、クリスタルSのワイヤーくらい柔らかいです。

スピナーベイトのワイヤーは、硬いワイヤーと柔らかいワイヤー共に良い所がありますが、柔らかいワイヤーを選ぶ場合は形状記憶ワイヤーが1番良いと個人的には思います。

柔らかいのに折れませんからね。

過去にあった形状記憶ワイヤーのスピナーベイト

コスト以外には欠点が無いと思う形状記憶ワイヤー。

欲しいと思っても新品はDEXスピナーベイトしか無いので、それ以外は中古を探すしかありません。

過去にあった形状記憶ワイヤーのスピナーベイトをご紹介します。

Dゾーン エクストリーム(エバーグリーン)

釣れるけどワイヤー柔らかい(弱い)スピナーベイトの代表とも言えるエバーグリーンのDゾーン。

ワイヤーの柔らかさを維持しつつ、耐久性を手に入れた形状記憶ワイヤーのモデルがあったんです。

私が中古で見つけた時には確実に買うルアーでもあります。

アームの形状はノーマルのままで形状記憶ワイヤーに変わったモデルですね。

かなり使いやすいスピナーベイトですよ。

デルタフォースTR(エバーグリーン)

スピナーベイトTRも私のお気に入りの一つです。

使い勝手はデルタフォースと同等でアームは形状記憶ワイヤーなので変形もしないし、耐久性も高い。

かなり使いやすいです。

デルタフォースは廃盤になってしまいましたが、私がルアーを始めた頃には手に入らないルアーでした。

その頃の影響で未だにデルタフォースは好きです。

V-3 バレットシャッド(メガバス)

メガバスもスピナーベイトに形状記憶ワイヤーを採用していた時期がありました。

V-3バレットシャッドに形状記憶ワイヤーのモデルがあるんです。

V-3バレットシャッドには形状記憶ワイヤーではないモデルもありますので中古で見つけた時には注意して下さい。

写真のルアーはシングルウィローになっていますが、元はタンデムウィローでした。

コロラドブレードはプラスチックのパーツで付いているのでペンチで切れば取り外せるんです。

他の形状記憶ワイヤーのスピナーベイトでは出来ないチューニングです。

イラプション(ジャッカル)

出典:Yahooショッピング

ジャッカルの初期の頃に出していたイラプションも形状記憶ワイヤーのスピナーベイトです。

ただ私はこのスピナーベイトを使った事はありません。

そして見た記憶もありません(汗)

あまり数が出ていないルアーなのかもしれませんね。

中古で見つけたら即購入です!

スピナーベイトXT(シマノ)

おそらく始めてスピナーベイトに形状記憶ワイヤーを採用したモデルだったと思います。

当時子供だった私は眼鏡のフレームに使われるような素材がスピナーベイトに使われるなんて凄い!と興奮しましたが、高くて買うのを我慢したルアーです。

アピールモデルとナチュラルモデルがあった面白いスピナーベイトでしたね。

画像を探してもほとんど出てこないくらいですので中古でもまず見つからないのだろうなぁと思います。

まとめ

スピナーベイトのワイヤーに形状記憶ワイヤーって理想的だと個人的には思います。

なぜDEXスピナーベイトがあんなに安く作れているのかは分かりませんが、また各メーカーが出してくれると嬉しいのですけど。

新品で買えるDEXスピナーベイトがたくさん売れたら、また増えるかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です