バズベイトの逆回転ペラが無いので加工してみた。簡単に出来ますよ。

必ず斜めに蛇行しながら泳いでくるバズベイト。

オープンウォーターであれば特に問題無いのですが、水路などで岸際ギリギリを攻めたい時は左に曲がるバズベイトと右に曲がるバズベイトが欲しくなります。

岸から離れて行く方向に曲がるバズベイトでは岸際ギリギリを通すのはほぼ不可能になってしまいますからね。

左曲がりと右曲がりのペラを両方用意してくれているバズベイトもありますが、大半は片側だけになっています。

無いなら加工してしまおう!と思って反対曲がりにしてみましたが簡単に出来ましたよ。

もっと早くやっていれば良かったです。

ゴムハンマーで叩く

ペラを曲げるのに使用したのはゴムハンマーです。

普通のかなづちでも問題無いと思いますが、ペラに傷が付きにくいのはゴムハンマーでしょうね。

ゴムハンマーの「かため」の方で叩くと綺麗に出来ましたよ。

ペラに油性ペンで線が入っているのは曲がり始めと曲がり終わりの所を書いておきました。

反対側に曲げる時に目安にします。

最初は平にする

ペラはいきなり反対に曲げるのではなくて、一度平らにしてから曲げると曲げやすいと思います。

一気に叩いて加工するのではなくて少しづつ叩くのがコツですね。

その時アームが通る部分は曲がったままにしておくよりも一度平にしてしまってから元に戻す方がやりやすかったです。

が太めのドライバーを当てて叩く

ペラを反対に曲げる時に少し難しいのが、角が出ない様に曲線で曲げる事。

最初にペンチでざっくり曲げてみたらペラの曲がる角度が90°に近い角度になってしまったのですが、回転が悪くなってしまいました。

これではダメだとやり直したのですが、ドライバーの軸をペラに当ててゴムハンマーで叩くと上手いこと曲げる事に成功です。

写真では若干シワがよっているように見えますが表面の皮膜がシワになっているような感じですね。

実際は綺麗な曲がりになっています。

左右それぞれの回転で快適

使ってみた感じは最初から反対回転のペラだったかのような使用感。

今まで左右のペラを用意しているバズベイトを選んで使ってきましたが、これからは気に入った物を使う事が出来そうです。

こんなに簡単に出来るならもっと早くやっておけば良かった(笑)

ショップに反対回転のペラが買えないか問い合わせしたりもしてたんですけど、それも必要無くなりました。

これからは気に入ったバズベイトのペラを加工して使おうと思います。

反対回転のペラが欲しい人は是非試してみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
イチネンMTM ツール事業部
¥549 (2021/07/31 02:19:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です