直すんデスUV。すぐに修理が可能。ボックスに1つ入れておくと便利ですね。

使い始めてから何かと便利なUVレジン。

ルアーのコーティングやフロッグの改造、ロッドのガイドの固定など色々と使えます。

ただ私が使っているのはネイル用のUV照射器なので屋外では使えません。

この前釣具屋によったらジャンプライズから新しく発売された直すんデスUVのチラシがあったんです。

直すんデスUVは小型のUVライトが付いているだけで無く、ルアーなどに合わせた仕様になっているので更に便利そうです。

直すんデスUV

ジャンプライズからはすでにズルイんデスUVというラインの結束部分を補強するUVレジンが発売されています。

今回の直すんデスUVもUVライトを当てて固めるので同じ物じゃないの?と思うかと思うと思いますが全然違う物になっているようです。

ズルイんデスUVは固まっても柔軟性が残るように作られているのに対して直すんデスUVは固まったらルアーのプラッチックのように硬くなる仕様です。

同じような物に見えますが全然違う物になりますので使い分けが必要ですね。

使い方

ルアーの穴埋めに直すんデスUVを使う場合の使い方を説明します。

まずは付属で付いているヤスリで直すんデスUVを塗る場所の表面を軽く傷付けます。

これをやらないとしっかりとくっつきにくいんですよね。

私が持っているUVレジンは表面を軽く傷つけないと弾いてしまったりしました。

塗装がハゲるまでやる必要はありません。

表面が軽く削れて白っぽくなったらOKですよ。

次に直すんデスUVを塗ります。

直すんデスUVの蓋を外すと刷毛が付いているのでさっと塗れるのが便利ですね。

ぶ厚く塗るのではなくて薄く塗るのがコツ。

厚く塗りたい時は一回で塗るのではなく回数を重ねて厚くするのが良いですよ。

チラシには載ってませんでしたが、重ね塗りの時もヤスリで軽く表面を傷つけておくと上手くひっつきますよ。

仕上げにUVライトを当てて固めます。

ライトを当てる時間は4秒以上です。

4秒で固まるなんて本当に便利な素材ですよね。

釣り場でルアーをぶつけて割れてしまった!

でもこのルアーは1つしか持ってきていない(泣)

そんな時に直すんデスUVがあるとすぐに直せます。

いろいろと使える

釣り場で釣具を直すのに最適な直すんデスUV。

釣り場でガイドが取れてしまっても直す事が出来ますし

スピニングのスプールエッジに傷が付いた所や、ガイドリングが欠けてしまった時の応急処置も出来ます。

壊れやすい所に事前に塗っておけば補強も出来ます。

ルアーの側面に塗ってラメを吹きかけ、ライトで固めればラメ入りカラーにする事も出来ます。

使い次第で本当にいろいろな事が出来ますね。

最初はスターターキット

直すんデスUVはUVライトやヤスリが入ったスターターキットがあります。

ライトが無いと固める事が出来ないので最初は必ずスターターキットを買う事が重要です。

中身を使い切った場合のみ硬化剤単体を追加で買うといった具合ですね。

ライトやヤスリが付いていても600円しか違いませんので良心的だと思います。

まとめ

非常に便利なUVレジン。

携帯性も考慮された直すんデスUVは一つ持っていると必ず役にたつ商品だと思います。

ボックスに一つ入れておくと釣り場でいろんな物が直せますね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です