野池釣行記録(2021-8)。フローターは初めての野池で小バス祭り

長く続いた雨もやっと終わり久しぶりに晴れた日になりました。

こんな日はのんびりと野池にフローターで浮かんで釣り!

以前に初めて来た時にフローターでやったら面白そうと思っていた野池に浮かんできました。

想定通り濁っていました

以前この池に来た時は水が澄んでいてフローターで浮いたら気持ち良さそうと思う池でした。

ところがこの日は茶色く濁っています。

やっぱり大雨の影響があるみたいです。

それでも元がけっこう澄んでいる池なのでそこまで濁っていないのが救いです。

deeperで調べると好反応

初めてフローターで浮く池なのでdeeperで調べながら釣りをしました。

調べた感じでは映る魚はほとんどボトムに付いている感じ。

朝一はトップにしようかと思っていましたがバスがいるのかの確認も含めてワームから始めます。

ウルトラバイブスピードクローにきた

選んだワームはZBCのウルトラバイブスピードクローの3.5gテキサス。

ウルトラバイブスピードクローはシンカーを重めにしないと腕が綺麗に動かないのですが、3.5gシンカーで使うとロッドでアクションした時だけ腕が動くようになるのでメリハリはつきやすくなります。

オーバーハングの下に入れて落とし込むと水深は1mちょっと。

ボトムに落としてからちょんちょんアクションを付けていると小さいアタリ!

そして上がってきたバスも小さいバスでした(笑)

小さかったですがとりあえずバスがいる事は分かりましたし、何よりその野池の1匹目のバスは嬉しい!

その後は懐かしのパドルテール

次は最近誰も使わなくなったパドルテールでやってみます。

選んだのは懐かしいカルフォルニアパドル。

同じようにオーバーハング下に落としてちょんちょんやっているとすぐにアタリ!

さすが前は大人気だったワームです。

今使っても反応良いですね。

そしてノリーズのエスケープでも釣れました。

私が初めて40アップを釣った思い出のワームです。

安定のベビーブラッシュホグ

次に選んだのも最近使う人が少なくなったベビーブラッシュホグ。

私は初めて使った時の釣れっぷりが忘れられずに今でも使います。

ライトテキサスで使うと気持ち良いアタリが!

絶対にバレない所に掛かっていました。

今でも良く釣れるワームなので使ってもらいたいワームです。

BIG 2WAYをネコリグで

数はそれなりに釣ったので大きい魚を狙ってみることに。

選んだルアーはBIG 2WAYです。

無理矢理ネコリグのチューブをはめてみたら何とか入るんですね。

チューブが付けられるならネコリグで使ってみようということでネコリグで使ってみました。

影になっている所に落とし込むとラインが何となく横に動いたような気がする…

合わせると食っていました!

でもサイズは変わらずの小バス。

ボリュームがありますが小バスでもしっかりと掛かりますね。

最後はスワンプクローラーで

池を一周して反応が悪くなってきたので最後はスワンプクローラーのネコリグでやってみました。

スワンプネコはやっぱり釣れますね。

二周目なのにさっきよりも反応が良いくらいです。

ん?この魚はさっきBIG 2WAYで釣った魚と同じ魚?

口の傷を見ると同じような所に穴が空いてる。

たぶん同じ魚っぽいです。

ワームの種類が変わったら反応する事もあるみたいです。

プラグをローテーションするようにワームも違う種類でローテーションすると良いですね。

まとめ

小バスしか釣れませんでしたがフローターで浮かんで釣りするだけでも楽しいので満足です。

フローターにはフローターにしか無い楽しさがありますね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です