ネコリグのネイルシンカーが飛んでいかないようになる簡単なセットの仕方。

ネコリグをやっていると、たまに起きるネイルシンカーが飛んでいく現象。

けっこう面倒ですよね。

しかも一度ネイルシンカーが外れたワームってもう一度ネイルシンカーを入れても抜けやすくなります。

ワームはまだ使えそうなのに交換しないといけなくなっちゃうんです。

今回はネイルシンカーが飛んでいかないセットの仕方をご紹介します。

通常の刺し方

ネイルシンカーを入れる時ですが、普通は頭の方から刺します。

こんな感じですね。

これだと投げた時に抜ける方向に力が掛かるのでネイルシンカーが抜けてしまうんです。

単純に反対から刺すだけ

投げた時にネイルシンカーが抜ける方向に力が掛かるので抜けるのなら、反対から刺せば抜けなくなります。

単純ですね。

写真のようにネイルシンカーがどの辺りにくるのか確認しておいて

少し余裕をみておいてボディの中心側から針を刺してネイルシンカーが通る道を作ります。

その通り道にネイルシンカーを差し込んで

奥まで差し込んでいけば完了!

投げた時に力が掛かる方向は穴が空いていないのでネイルシンカーが飛んでいく事が無くなります。

まとめ

ネイルシンカーの刺し方を反対からするだけでネイルシンカーは飛んでいかなくなります。

セットする時はちょっとだけ面倒ですがネイルシンカーが飛んでいってしまうよりはマシですよね。

ネイルシンカーが良く飛んでいってしまうんだよなぁという人は試してみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です