フロロハンタータクト(シーガー)しなやかなフロロカーボンを待っていました!

硬くて伸びが少ないラインと、柔らかくて伸びるライン。

どちらも良いところがあります。

じゃあ、どちらのラインが良いの?ってなると私は柔らかくて伸びるラインが好きです。

今回シーガーから新しく出たフロロハンタータクトはフロロリミテッドよりも更に柔らかいラインなのだとか。

楽しみすぎるラインです。

柔らかいラインは衝撃に強い

私が柔らかいラインが好きな一番の理由は衝撃に強いからです。

ラインの強度って計測する時はじわーと引っ張って所定の強度が出ているか計測します。

でも実際に釣りで使っていると瞬間的に力が掛かることが多いですよね。

柔らかいラインだとその瞬間的に掛かった衝撃を吸収してくれるので結果的に切れにくいラインになるんです。

ラインの伸びは強度と密接な関係があると改めて感じた件

以前、硬めのナイロンラインを使った時に同じ強度とは思えないくらい合わせ切れをした事があります。

その時から瞬間的な衝撃を吸収してくれる柔らかめのラインを好んで使う様になりました。

柔らかいラインは使用感が良好

柔らかいラインって一般的には使いやすいラインと言われます。

柔らかい事でリールへの馴染みも良いですし、巻き癖も付きにくい傾向があるからです。

特に釣りを始めたばかりの人は柔らかいラインを使うとトラブルも少なくなって快適に釣りを出来ますよ。

私は16ポンドや20ポンドを使う事が多いのですが、通常のフロロカーボンでその太さだと正直硬くて使いにくい事が多いです。

太いラインを使う事が多い人も柔らかめのラインを選ぶ事で、ワンランク細いラインと同じ使用感で釣りする事が出来る様になります。

感度は個人的には硬いラインと変わらないと思う

一般的には硬いラインの方が感度が良いと言われます。

ですが個人的には変わらないのでは?と思うんです。

ルアーを扱う上で感度に影響するのは、伸びは伸びでも初期伸度。

柔らかいラインは確かに良く伸びますが初期伸度っめ素材が一緒だったらそんなに変わらないんじゃないかと思っています。

初期伸度があまり変わらないから感度の違いもそんなに感じない。

それが正解な気がしています。

フロロハンタータクト

出典:シーガー

フロロハンタータクトはこれまでのフロロカーボンラインよりも更に柔らかくなったラインです。

柔らかいフロロカーボンのフロロリミテッドよりもはっきりと柔らかいようなので期待が出来ますね。

サイズは2ポンドから20ポンドまで用意されているのでトラウトからバスまで使いやすそうです。

直径もキッチリと記載があるのは好感触。

標準直径を守っているからこそ表示出来るのでしょうね。

まとめ

ラインは同じポンド数でも使ってみた感覚だと強度が違う事も多いです。

柔らかくて伸びるラインは良くないと思っている人にも一度使ってみてほしいですね。

アタリを弾きにくいし、バレにくいし、衝撃にも強いので気に入る人も多いと思いますよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です