ジグヘッド(レンジローラー)にセットしたワームが全くズレなくなるチューニング方法。

ジグヘッドにセットしたワームがズレると釣りのリズムが悪くなりますよね。

投げてじっくりと探っていたのに戻ってきた時にワームがズレてると今の時間は無駄だったなぁとガッカリします。

私はデスアダーの6インチや5インチをミドストで良く使うのですが、ワーム自体が重いのですぐズレてしまいます。

今回はジグヘッドをチューニングしてワームが全くズレなくなる方法をご紹介します。

使うジグヘッドはカルティバのレンジローラー

チューニングに使うジグヘッドはカルティバのレンジローラーです。

もともとカルティバから出ていたスウィングヘッドをかなり愛用していましたが、レンジローラーはスウィングヘッドのマイナーチェンジ版みたいなジグヘッドです。

セットするだけでウエイトが上方にセット出来るのでミドストでヒラを打たせるのにとても適したジグヘッドになっています。

レンジローラーは針金タイプのワームキーパーが付いているので、これを利用します。

使うのはステンレスワイヤーの0.6ミリ

ステンレスワイヤーの0.6ミリを準備して写真のように端をペンチでつかみ輪っかを作ります。

大きさは写真のようにレンジローラーのワームキーパーより少し大きいくらいです。

続いて作った輪っかから5ミリくらい開けてペンチでつかみます。

そしてワイヤーをぐるっと回してこちらにも輪っかを作ります。

続いて最初に作った端の輪っかをレンジローラーのワームキーパーに引っ掛けます。

横から見るとこのような感じですね。

そしてそのままフックとワイヤーをまとめて巻いていきます。

3回転くらいさせたら残りのワイヤーをカットして完成です。

このような感じでジグヘッドにワイヤーが固定出来ます。

ワームにセットしてみる

このような感じでワームをセットすると…

写真のようにワームの中にワイヤーの輪っかが入ります。

その輪っかの中に入るようにツマヨウジを刺して

尖っていない方の端まで入れます。

端まで入れればカットするのを1箇所に出来ますし、ツマヨウジ一本で数回使えます。

はみ出ているツマヨウジをギリギリでカットしたら完成です。

そしてツマヨウジの部分に瞬間接着剤を垂らしておくと全くズレなくなります。

この方法で固定するとワームが全くズレないんです。

普通だと一匹から三匹くらいでダメになってしまうデスアダーですが、何匹釣っても使えるようになります。

ワームが千切られてしまうまで使えますよ!

引っ張ってみる。

試しにどれくらい強く固定されているのか引っ張って試してみます。

上の写真の時点でかなり強く引っ張っていますが、更に強く引っ張っていくと…

ヘッドの部分を残して千切れました。

かなりしっかりと固定されている事が分かると思います。

まとめ

レンジローラーはワイヤーを引っ掛ける事が出来るのでワイヤーだけで作成していますが、ワイヤーを引っ掛ける物が無いジグヘッドはスレッドで止めれば同じように作れます。

ちょっとだけ手間ですが釣り場での快適さは全然違いますよ!

ワームもめちゃくちゃ長持ちするので経済的にもメリットが大きいです。

慣れてしまえば1つ1分くらいで作れるようになりますので試してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です