PEラインを下糸無しでスプールに巻いても絶対に滑らない方法。ブランキングされたスプールでオススメです。

最近使っている人がどんどん増えているPEライン。

でもPEラインって直接スプールに結んで巻き初めてしまうとライン全体が滑って巻けなくなる事があるんです。

それを防止する為に下糸としてナイロンかフロロカーボンを使っていたのですが面倒ですし、結び目が多くなってラインが引っかかる事もあります。

今回は下糸が不要で結び目が出てこない方法をご紹介します。

ブランキングされたスプール

今回、私がご紹介する方法はスプールに穴が開いたスプールでのみ可能な方法です。

スプールにドリルで穴を開ければ穴が無いスプールでも可能ですよ。

スプールを外してラインをリールに通します。

ラインの端をスプールの穴に通します。

ラインの端にユニノットで輪っかを作ります。

その輪っかをスプールのシャフトに通して

スプールの穴の近くのシャフト部分で引っ張って輪っかを小さくします。

するとスプールに結び目が出てくる事も無く、PEラインが滑る事も無く巻き始められるんです。

太いラインは特に巻き始めの結び目が出ないのって快適ですよ。

PEラインが滑る事も絶対に無いので安心です。

ベイトフィネスリールには特に良いですよ。

ベイトフィネスで効果を発揮。スプールに巻初めの結びコブを無くす方法。

ベイトフィネスリールの場合はラインを巻く量が少ないのでラインの巻き始めの結び目がかなり不快です。

なので長年前にご紹介したスプールに小さい穴を開けて結びコブで止める方法をやっていたんです。

この時に少し心配だったのが、ラインが全て出てしまった時にスプールの結びコブの部分に力が集中してしまってスプールが変形してしまう事です。

経験上スプールが変形した事は無いのですが重いルアーでラインが全て出てしまった時は危ないと思って用心していました。

ですが今回の方法はラインが全て出た場合に力が集中するのはスプールのシャフトです。

ラインが耐えられる程度の力ならシャフトが曲がる事は無いでしょう。

この方法を思い付いてからスプールの穴にラインを止める方法はやらなくなりました。

まとめ

PEラインは上手く使えばとても良いラインです。

今回の巻き方を使って快適に使ってみてください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です