10 FEET UNDER スピナーベイト ポーボーイ コンパクトでハイアピール

イヨケンさんの10 Feet Underは流行りを意識せずに、本当に自分の必要な物を作る物作りをしていると感じています。

今回紹介するスピナーベイトのポーボーイもそのように感じていて、デザインもアメリカンで正直なところ万人受けするようなデザインではないと思うのですがイヨケンさんらしくて私は好きです。

今回はイヨケンさんのこだわりが詰まったポーボーイを見ていきたいと思います。

パッケージ

パッケージからすでに個性的ですよね。このパッケージを見て昔人気のあったボッシュのスピナーベイトを思い出しました。

スペアでウェローブレードも付いています。

ブレードをワンタッチで交換出来るのですがそれについては後で説明します。

ルアー形状

サイズ感はコンパクトでハイピッチャーに近いサイズです。

アメリカンテイストなのにサイズはコンパクトなのは日本のフィールドではコンパクトサイズが強いという事なのでしょうね。

アメリカンテイストですがアームは細めです。

クローズドアイ

日本のメーカーでスピナーベイトにクローズドアイを採用しているのはデプスのヒュージスピナーベイトだけだと思います。

個人的にはアームが曲がりにくいので好きです。

スカート

シリコン製の幅広スカートが付いています。巻いてる時の動きは非常に良いです。

揺れる動きが大きく明らかに通常のスカートの動きとは違います。

このような幅広のスカートは使っているとベタベタスカートがくっついてしまうのがデメリットだったのですがこれはどうなんでしょう?

触った感じは改良されていそうな感じがしましたのでベビーパウダーは付けない方向で試してみようと思ってます。

スカートはスレッドでしっかりと固定されていました。このあたりの作り込みはしっかりしていますね。

フック

フックも特徴的な形状をしています。昔のアメリカ製のスピナーベイトでよく採用されていたセイゴ針のような形状です。

スプロートベンド形状と言うみたいです。

セイゴ針もそうですがしっかりと刺さりバレにくい形状に似ています。

このあたりは使い込んでみないと分からないですね。

スイッチブレードシステム

ポーボーイはワンタッチでリアブレードを交換出来るような仕組みになっています。

ズイールのスピナーベイトに採用されていたのと同じです。

写真のように金具をずらせばスペアで付いているウィローブレードとすぐに交換出来ます。

使っているうちにずれて外れてしまうような事がないか心配だったのですが、片手で外せないくらい硬かったので大丈夫かと思います。

カラーブレード

タンデムブレードのクローダッドとレッドクローというカラーのフロントブレードはカラーブレードになっています。

マッデイーな所で効きそうですね。

カラー

出典:10 FEET UNDER

カラーは全部で8色。スカートの幅が広いとカラーもいつもと違うイメージになります。

アクション

チャターベイトのアディも他のメーカーより強い動きだったのと同じで強いバイブレーションを起こすスピナーベイトです。

特にダブルコロラドは心地よい引き続きがあります。

感覚的にはクリスタルSシャローロールを若干軽くした引き感です。

コンパクトなスピナーベイトで強い波動。期待出来ます。

まとめ

イヨケンさんらしい個性的で強いスピナーベイトだと感じました。広い範囲を手早く探す釣りに適していると思います。野池にもちょうど良いサイズなのでフローターの釣りにも使いたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です