プラグに付いていて何故ワームフックには付いてない?自由度が増して動きが良くなるワームフックにスプリットリング

プラグのアイには動きを良くする為にスプリットリングが付いているのに、何故ワームフックには付いていないのかと考えた事はありますか?

プラグがアイに直結するよりもスプリットリングを付けて自由度を増した方が良く動くように、ワームフックにもスプリットリングを付けた方が良く動くようになります。

今回はワームフックにスプリットリングを付ける事のメリットとデメリットを考えたいと思います。

メリット

テキサスリグのアクションが変わる

ラインの拘束が少なくなるのでスプリットリングを支点に上下左右の動きが良く出るようになります。

テキサスリグでペグ留めしている時はスプリットリングが無いとシンカーに合わせてボトムにベタっとしやすいですが、スプリットリングを付けているとボトムにシンカーが着いてからじわーっと倒れ込むようなアクションになります。

ノーシンカーとキャロライナリグのアクションが変わる

ノーシンカーとキャロライナリグのアクションは自然な動きがキモだと思います。

アイに直結だとラインの張りにワームの動きが影響を若干受けますがスプリットリングを付けて自由度を増してやる事でより自然な動きになります。

ウィードなどに落とし込みがしやすくなる

ウィードなどにワームを落とし込む場合にラインが引っ掛かる事で落とし込みきれない事が多いと思います。

スプリットリングを付けるとアイが下を向いていてもラインはまっすぐ落とす事が出来るためウィードの中に入れやすいです。

ジカリグがテキサスよりも入れやすいのと同じ理屈ですね。

スナップを使った場合スナップの変形を抑えられる

野池などで釣る時はズボラな私はワームもスナップでやってしまったりします。

前に記事で書きましたが直接アイにスナップを付けるよりもスプリットリングを付けてからスナップの方がスナップの変形を抑えられます。

特にワームフックはプラグに比べてアイが小さいのでスプリットリングを付ける効果は大きいです。

ジカリグをリグるのが簡単

最近はジカリグの出番が多くなってきました。

スプリットリングが付いているとジカリグをリグるのはすぐ出来ます。

メリットと言えばメリットですね。

デメリット

フロントウエイトが増してしまう

一番大きなデメリットはスプリットリングの分ウエイトが増えてしまう事だと思います。

水平姿勢で落とし込みたい時に頭から落ちていってしまうといった事が起こります。

大きなワームを使う場合は全く気になりませんが小さなワームでは大きなデメリットだと思います。

動きすぎてしまう

ノーシンカーのI字で引いてくる時に動きすぎてしまう事が考えられます。

そこまで気にする程では無いかと思いますが繊細な釣り方だけに気になる所です。

リングの端部でラインが切れる

こちらは結ぶ時に気をつけていれば問題無いのですがスプリットリングの一重の所に結んでしまうとラインが切れる原因になります。

まとめ

プラグにスプリットリングを付けてワームには付けないというやり方を何となく続けてしまっていると思います。

どのルアーもスプリットリングを付けなくても釣れますが、こだわって釣るとバスフィッシングがさらに楽しいものに変わると思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です