ハイアピールのフラットサイドクランク。ブリング55スカルシェル(ジャッカル)インプレ

フラットサイドクランクはフラット面でのフラッシングでアピールするクランクなのでマッディーな所では弱いイメージがあります。

ですがブリング55のスカルシェル(ボーン素材)はどのルアーよりもラトル音が響いて魚にアピール出来ます。

イメージしてもらいやすい事例を出すと20mくらい先でトウィッチしたらラトル音がカランとはっきりと聞こえるくらいです。

夜釣りで良く使っていたので余計にラトル音が良く聞こえました。

今回はフラッシングだけでなく音でアピールするブリング55について書いていきます。

デザイン

偏平ボディに基盤リップのフラットサイドらしいデザインです。

ボディサイズもちょうど良く抵抗なく使えるサイズ感だと思います。

ジャッカルのルアーですがイヨケンさんが監修すると10 FEET UNDERのルアーのように見えますね。

アメリカンな雰囲気があって好きです。

ウエイト

重さは3/8オンスクラスです。

フラットサイドで3/8オンスだと飛距離が出にくいですがブリング55は重心移動が付いていますので比較的飛距離は出やすいです。

フック

フックは前後共に5番となっています。

このボディサイズに対して大きめのフックが付いているのが嬉しいですね。

フックを6番に変更すると根掛かりが減りますので引っかかりやすい場所やおかっぱりではオススメです。

カラー

出典:ジャッカル

ブリング55にはスカルシェル以外にもノーマルタイプがありますがカラーで区別できます。

廃盤になっているルアーなので中古で見つけたら一番下の段のカラーがスカルシェルです。

音が全然違うので振ってみれば分かるんですけどね。

アクション

アクションはハイピッチなウォブンロールアクションです。

フラットサイドというと早めに中層を巻くイメージがありますがブリング55はゆっくりと巻いても良く動きます。

夜釣りで使っていた時はゆっくり巻きで良く釣りました。

まとめ

すでに廃盤となってしまいましたが良く響くラトル音が好きで未だにフラットサイドの一軍に入っています。

中古でしか手に入りませんがこんなにうるさいフラットサイドは他に無いと思いますので見つけたら手に入れてみて下さい。

ある事に突出したルアーは条件がハマれば爆発する可能性があるルアーだと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です