ゲーリージャンボバズベイト(ゲーリーヤマモト)インプレ。バズベイトの定番中の定番

長い事販売され続けて定番になっているルアーが多くあります。

でも長い事そのジャンルでトップの人気を保っているルアーは少ない気がします。

今回ご紹介するゲーリージャンボバズはずっと販売されているだけでなく、ずっとバズベイトの中でトップの人気なのではないでしょうか。

そんなゲーリージャンボバズを今回は見ていきます。

デザイン

ペラとアーム、そしてヘッドのバランスがちょうど良いと思っています。

飛距離はあまり出ませんがゆっくり巻くには良いバランスですね。

ペラの後ろのアームは私が曲げてブレード等を付けられるようにしています。

純正では単純に曲げられているだけです。

私が初めてバズベイトで釣ったのはゲーリージャンボバズにブレードを付けてゆっくり巻いた時だったのでブレード付きが今でも好きなんですよね。

ブレードを外せば通常と同じように使えますのでオススメのチューニングです。

サイズ

バズベイトの中でも大きめのサイズ感なのにヘッドのサイズはノーマルのゲーリーバズと同じ1/4オンス。

ペラのサイズは大きい物になっているのでゆっくり巻くのがジャンボバズは得意です。

ただ先程も書きましたがウエイトが軽い分飛距離は出ないですね。

飛距離が必要なら他のバズベイトをオススメします。

カラー

出典:ゲーリーヤマモト

ゲーリージャンボバズは大きく分けてゴールドペラとシルバーペラに分けられます。

そしてそれぞれのペラ毎に6色のラインナップです。

一時期ブラックペラとブラックスカートがありましたが今は無いようです。

アクション

ゲーリージャンボバズの特徴はまず浮き上がりの良さ。

大きいペラと軽いヘッドでゆっくり巻くのに適しています。

下から見たら幅広になっているヘッドも水の抵抗を受けて浮き上がるようになっています。

次はゲーリージャンボバズを巻いた事がある人なら分かるキュルキュル音。

同じように見えるバズベイトでも音はけっこう違うんですよね。

ゲーリージャンボバズは隣の人が巻いていると何を投げているか分かるくらい特徴的な音です。

最近はゲーリージャンボバズの音を真似したバズベイトも多く出てきたのでこのルアーだけの音では無くなりましたが、この音が出ているととても釣れそうな気がします。

まとめ

ルアーには一時的には凄い釣れても釣れなくなってしまう物があります。

また逆にずっと釣れ続けるものもあります。

バスは新しいもの好きなので見た事無い動きに反応しやすいですが、反応し続けてしまうルアーには何があるんだろうと考えるのが好きです。

ゲーリージャンボバズも間違いなく釣れ続いているルアー。

これからも何があるんだろうと考えながら使うんだろうなと思ってます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥1,287 (2020/11/25 22:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です