ヘルレイザー(ヘドン)インプレ。アクションを付けるとヒラを打つスイッシャー

もともとはホッパーストッパーのルアーだったヘルレイザー。

ヘドンと合併した後もヘルレイザーは残ってヘドンから発売されていました。

現在は廃盤になってしまっていますがトーピードとは違ったタイプのシングルスイッシャーで面白いです。

デザイン

トーピードが魚雷のようなデザインで水を良く押すのに対してヘルレイザーはシャッドのような形状です。

完全に個人的な感想ですがヘルレイザーの見た目が好きなんですよね。

口の部分は平らになっている箇所があってアクションを付けた時に水を受けるようになっています。

サイズ感といい、デザインといいヘドンとはちょっと違う印象です。

会社が無くなってもルアーが残るって良いですよね。

フック

純正では前後共に4番のトレブルフックが付いていますが私は2番のダブルフックに交換しています。

ボディが薄いのでダブルフックにしてもフッキングが悪くなりにくいのが良いですね。

動きも変わらないのでより引っ掛かりにくいダブルフックにする方がメリットは大きいと感じています。

アクション

ヘルレイザーが面白いのは最初からヒラを打つ事を狙って作られていると思うところです。

ペラが回る事でボディにも回転する力が伝わるのですが、それを利用してヒラを打たせられます。

スイッシャーの音で誘うだけでなく視覚的にも誘えるんですよね。

ヒラを打たせる事が出来る反面トーピードのように水を押す事は苦手で、水を切る動きになります。

どっちの動きが良いかはその日の状況次第だと思いますので使い分けるのが面白みですね。

まとめ

ヘドンが出している小型のシングルスイッシャーでトーピードと並ぶ名作だと個人的には思っているヘルレイザー。

10年ちょっと前くらいに復刻した時に喜びましたがまた廃盤になってしまいました。

いつかはまた復刻するのではないかと思っていますがすぐに手に入らないのは辛いですね。

中古で見かけたら買いだと思うルアーです。買って試してみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です