琵琶湖釣行記録(2019-12)。寒い中ファットイカで57センチ、3kgが釣れて満足。

琵琶湖の釣行記録です。

寒いを通り越して痛い

今年の琵琶湖からの景色も変わってきました。

琵琶湖を囲む山々が雪で白くなっています。

冬の琵琶湖は空気が綺麗で景色は最高ですが、なんせ寒いですね。

ボートで走ると寒いを通り越して痛いですもん。

朝一はシャローから

冬だからといってディープだけでは無いのが琵琶湖。

以前痛いくらいの寒さの日に友人がトップで55センチを釣った事もあるくらい冬でもシャローが釣れる時もあります。

ウィードがちょこちょこ残っていたので、ウィードを狙ってテキサスで狙いますがこの日は不発。

シャローに魚はいないかなという感じでした。

次は6mライン

シャローで魚の反応が無かったので次は6mラインを狙ってみます。

ルアーは困った時にいつも助けてくれるファットイカ。

ファットイカはカバーをバックスライドで釣るイメージが強いと思いますがウィードでも使いやすいです。

友人と2人でゆっくりファットイカで誘っていると、友人にアタリ。

上がってきた魚はコンディションの良い50クラスでした。

でもランディングの直前でポロっと取れてバラし。残念。

離すのが早い!

その後も6mラインでアタリはポツポツあったのですが、どのアタリも離すのがめちゃくちゃ早い!

いつもならコツってあたってから食ったかな〜と確認して合わせるのですが、コツっとあたってすぐに吐き出してしまうような状況でした。

針先をワームに入れないようにしてみたり、針先が外側を向いたフックにしてみたりと試しましたがどれも掛からず。

難しすぎる…

昼になると沈黙

寒い時期は水温が上がる昼以降で食いが良くなる事が多いですがこの日は反対に反応が無くなりました。

朝のショートバイトを何とか掛けてたらなぁと後悔。

そんな時はポイント移動です。

更にディープな10mラインの漁礁を狙います。

ルアーはショートバイトを何とか掛けるには?と考えてレッグワーム2.9インチのヘビダン。

フックはDASオフセットにして針先は剥き出しのセッティングです。

じっくり誘っているとコツっとアタリ!即座に合わせるとやっと掛かりました。

サイズは35センチ。小さいけど寒い中頃苦労したので嬉しいです。

夕方はもう一度6mライン

夕方は朝に反応の良かった6mラインを再度攻めます。

ルアーは朝と同じくファットイカ。

フッキング優先でボディにカッターでスリットを入れて、針先が外側を向いているDASフックを更に外側に向けて掛け重視のセッティングです。

これでウィードに引っ掛けては外し、ポーズを繰り返しているとコツっとアタリ!

即合わせする気で準備していたので反応出来ました。

そしてついに掛かった!しかも重い!

ドラグを出されながらキャッチしたバスは57センチ、3kgの良いバスでした。

写真撮って満足感に浸っていたら暗くなってきてストップフィッシング。

寒い中10時間以上やり続けた中の1匹は満足度が高いですね。

結局2匹しか釣れませんでしたが満足の釣行でした。

寒い中写真を撮るのが億劫で写真少なめです。すいませんm(_ _)m

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です