スピードトラップ(ルーハージェンセン)インプレ。名前の通り早巻きで誘いたい

ボトムアップのリズィーは現代版スピードトラップだと思っています。

スレた場所ではリズィーが良いと思いますが、広い場所で魚を探す時はスピードトラップも良いと思ってます。

今回はスピードトラップをご紹介します。

デザイン

どうですか?リズィーに似てると思いませんか?

横から見ただけでは感じにくいかな。ボディの断面を見て頂けたら似てると感じると思います。

リズィーと同じおにぎり型をしているんです。

もちろんオリジナルはスピードトラップです。

エッジの効いた腹部とか似ていますよね。

サイズ・ウエイト

全長65ミリ、ウエイトは11gです。

よくサイズは1/4オンスと表記されていますが、何がどうなって1/4オンスと表記されているのかは不明です。

せめて3/8オンスの表記だと思うんだけどなぁ。

細めの形状なので全長65ミリと大きめですがウエイトは軽めですね。

フックは前後共に4番が付いています。

細めのボディに大きめのフックでフッキングは良好です。

カラー

出典:superbush

スピードトラップには多くのカラーがありますが、現行のカラーにジャパンスペシャルカラーがあります。

とくにオイカワなんかはウィグルワートでプレミアが付いているカラーに似ていて将来価値が出そうと思っているのは私だけでしょうか。

今ならまだ手に入りますので欲しい人は買うしかないと思います。

アクション

スピードトラップという名前が付いている通り早巻きで誘うのが1番適していると思います。

ボトムノックするというよりは中層を早く巻く方が得意なタイプですね。

早巻きが得意なので遅く巻くのが苦手かと思うかもしれませんが、実は遅く巻いても良く動きます。

早めで巻いて食わなかったら限界まで早く巻いて、それでも食わなかったらゆっくり巻くと良いですね。

まとめ

好きな人はとても好きだろうなーと思うスピードトラップ。

熱狂的なファンがいるから長い事作られ続けているんでしょうね。

使った事が無い人も違和感なく使えるルアーだと思うので見つけたら使ってみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です