フラップスラップ(メガバス)インプレ。止めた後の自発アクションで食わすルアー

メガバスのフラップスラップはシャッドクランクなのか、フラットサイドクランクなのかどっちかな?と考えました。

考えた結果どちらにも属さないのが一番しっくりくるんじゃないかと思いました。

だって止めた時の自発アクションを売りにしたルアーってメガバス以外に無いですよね。

ジャンルの枠に捕われないルアーのフラップスラップをご紹介します。

デザイン

横から見たらシャロータイプのシャッドに見えます。

これが面白い事に左右で顔が違うんですよね。

反対側はこのような表情です。

釣果には関係無い所ですがこのような遊び心好きですね。

ちなみに私は完全に左向きの方が好みです。

リップの取り付き方はリップインベイトと同様の取り付き方でボディもリップと同様に水を受けてアクションを引き起こします。

上から見たアングルです。

この角度だけで見たらミノーにも見えるくらい薄いボディですね。

クランクシャフトバランサーシステム

出典:メガバス

リトリーブを止めた瞬間に自発的に動く事を可能にしたのがこのクランクシャフトバランサーシステムです。

ちなみにこの技術も特許済。こんなに特許を取ってるメーカーって無いですよね。メガバスの発想は凄い。

ボディの下部にボディ形状に合わせてクランクさせたウエイトを配置。ロール軸からズレる事で止めた瞬間にブルっと動くという仕組みです。

新しい発想を次々と生み出すメガバス。常にルアーの事を考えているんだろうなぁ。

サイズ・ウエイト

全長は77ミリ、ウエイトは3/8オンスです。

私は全く大きいとは感じませんが人によっては大きいと感じるサイズかもしれませんね。

この偏平ボディで3/8オンスなので飛距離が飛ぶルアーではありません。

またフックは前後共に6番が付いています。

絶妙にバランスを取っているルアーなのでフックサイズは変えない方が良いと思います。

カラー

出典:メガバス

メガバスなのでカラーラインナップは豊富です。

シャッド系のシルエットはキラキラしたものの方が好みのですが世間的にもそうなのかな。キラキラカラー多めです。

ただ春はワイルドクローが良さそうな気がして仕方ないです。

結局全部好きなんですよね。

アクション

ここまでも書いていますがフラップスラップのアクションはやはり自発的なアクションが売りですね。

シミーしながらしながら沈んだり、浮き上がったりするルアーはありますが止めた時に自発的に動くルアーはなかなか無いですからね。

この自発アクションを生かす為に食わせたいという所でしっかりと止める事が重要だと思います。

しっかりと止めたら後はルアーに任せるという感じですね。

まとめ

メガバスが大人気だった頃に発売されたルアーとしてはちょっと人気が無かったフラップスラップ。

シャッドクランクやフラットサイドクランクが受け入れられる時代になった今こそ使うと面白そうです。

経験した事の無い動きで良い思いが出来るかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です