F.O.D(ウィップラッシュファクトリー)インプレ。ライギョフロッグの名作

日本製のフロッグの品質は本当に良いです。

私がルアーを始めた頃に買ったアメリカンフロッグは針先の方が下に向いて泳いでくるものさえあったくらいでした。

日本のフロッグでそのような事は考えられませんよね。

そんな高品質フロッグのはしりはウィップラッシュファクトリーのF.O.Dだと思っています。

ベビーカバーを攻略する為に色々なアイデアが盛り込まれたF.O.Dを見ていきます。

デザイン

フロッグはカエルやネズミをイミテートしている物が多かったです。

今ではカエルを意識したデザインというより、より良くアクションする為のデザインになっていますが昔のフロッグって本当にカエルのデザインでした。

それを最初に変えたのがF.O.Dだと思ってます。

ドックウォークさせるために細長いボディ形状をしているのが特徴ですね。

お腹の部分は曲線のデザインになっていて首振りをさせやすいように配慮されています。

顔が可愛い

F.O.Dが発売された頃はズイールの人気が高まってきていた頃でした。

アライくんやテラーのように可愛いらしいルアーの人気があったと思います。

F.O.Dはごっついライギョを狙う為に作られていましたが顔付きは可愛いらしい表情です。

この顔付きも人気が出た理由の一つだと思います。

チューニング

ライギョの世界ではフックホールをシーラーで固定するのが定番ですが、フッキングを優先するのであれば完全に固定しない方が良いです。

ライギョは噛む力が強いので完全に固定しても乗る事が多いですが、ある程度自由にさせておいた方が乗りは良くなります。

特にF.O.Dはウィードレス性能を優先してフックがボディ上部に付いているので、フロッグが横方向に潰れた時のフッキングが犠牲になっています。

ある程度フックに自由度を持たせていれば横に潰れた時も

写真のようにフックがズレてフッキングしてくれる事が増えます。

ライギョでフロッグのチューニングで調べるとほぼ全てフックホールを固定していると思いますが、一つは固定しないフロッグを準備しておくと乗りが悪い時に釣れる魚が増えると思います。

アイの固定はスレッドではなく針金

アイの部分を固定するのはかなり快適になるチューニングです。

水は入りにくくなるし、ズレにくくもなるし良い事だらけです。

一般的にはスレッドで固定する事が多いと思いますがオススメなのは針金での固定。

写真のように1ミリくらい巻いて固定し瞬間接着剤を付けておけば耐久性が向上します。

スレッドでの固定だと何匹か釣った時に魚の歯で切れてしまう事があるんですよね。特にライギョを狙っている時は良くあります。

アイの所以外でボディに穴が空いてもシールで埋められますがアイの所だけは破けてしまうと補修不可能なんですよね。

針金で固定しておけばアイの所から破れなくなるので長持ちしますよ。

アクション

F.O.Dはパッケージから開けた状態ではほとんど使い物になりません。チューニングする事が必須のフロッグです。

でもしっかりとチューニングするととても良く動くフロッグになります。

30°くらいの浮き角度にすれば首振りするフロッグになりますし、70°くらいの浮き角度にすれば一点で首をちょこちょこ下げるピンポイントに強いフロッグになります。

個人的に好きなのは軽くチューニングした着水音最優先のフロッグ。

水路などの近距離で使う場合はソフトな着水音が最強のアクションになります。

着水ワンアクション狙いの究極のピンポイントを攻めるフロッグですね。お試し下さい。釣れますよ。

まとめ

今市販されているフロッグは本当に出来が良くてチューニングしなくても使える物ばかりです。

でもチューニングしないと出ないアクションもあります。

意外と簡単なのでチューニングしてみる事をオススメします。

F.O.Dのようにチューニングすると化けるフロッグがライギョ用に出されているフロッグにはたくさんありますので面白いですよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

【ラッティーツイスター】JERRYBEAN・JERRYBEAN Jr.(ジェリービーン)(マーブル・ラメ)
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です