オーシャンスナップ(STUDIO OCEAN MARK)インプレ。画期的な開かないスナップ。より使いやすい方法も紹介

ルアーの交換にとても便利なスナップ。

でもスナップが嫌いという人もいますよね。

そういった方はスナップが壊れたり開いたりして、ルアーを無くしたり魚をバラした人だと思います。

リーダーが無い釣りなら結び変えれば良いのですが、リーダーがある釣りではリーダーが短くなってリーダーから結び直さなきゃいけなかったりで面倒です。

じゃあ開かないスナップを作れば良いじゃん。という事で出来たであろうスナップがあります。

今回は開かないスナップのオーシャンスナップを紹介します。

こんな形状

出典:STUDIO OCEAN MARK

え?スナップじゃなくてスプリットリングじゃないの?

知らない人はそう思いますよね。

でもこれがスナップなんです。結び直さなくてもルアーの交換が出来ます。

スプリットリングみたいにプライヤー使わないと取付出来なかったら意味ないよ。

大丈夫です。プライヤー使わなくてもルアーの交換が出来るんです。

それを考えた所が素晴らしい商品だと思ってます。

取付け方法

出典:STUDIO OCEAN MARK

スプリットリング形状なのにプライヤーを使わなくて良いのはリングに隙間があるのでルアーのアイを押し込んではめられるからです。

写真のように行えばスナップのようにワンタッチとはいきませんが、すぐに取付る事が出来ます。

出典:STUDIO OCEAN MARK

取り外しは取付よりはちょっと面倒ですが慣れればすぐに取り外す事が出来ます。

得られる安心感は絶大

スナップが原因でルアーを無くしたりバラしたりした時は何ともいえない残念な気分になります。

暗い中釣りをする時スナップが開いていないか気になったり、障害物にぶつかった後に食ったりした時はスナップが開いていないか気になったりしています。

オーシャンスナップはそんな余分な心配をしなくて良いので魚とのやり取りに集中出来ます。

これはかなり大きなメリットですよね。

こう使うとさらに便利

この使い方は海のルアーをやっている方のブログを読んで知ったのですが、さらにオーシャンスナップが快適になります。

この方法も良く考えたなぁと本当に思います。ちょっとしたアイデアで凄く便利になります。

方法はオーシャンスナップにリングを入れてそのリングにラインを結びます。

そしてルアーはオーシャンリングのダブルになっている所ではなくてシングルになっている所に取付けます。

シングルの所に取付ける事によってルアーの動きもスナップと同様に良くなりますし、何よりもオーシャンスナップが取付けやすくなります。

ルアーが外れる事は私は経験ありません。他の方もプラグなどの巻くルアーで外れた事はないそうです。

ただ重いメタルジグは外れる事があるようなのでその時は通常の付け方が良いですね。

このように取付ける

まずオーシャンスナップのダブルになっている所にルアーのアイを押し付けます。

そうすると簡単に写真の状態になります。

普通のスプリットリングだと押し付けただけでは開きにくいですがオーシャンスナップは柔らかめなので簡単です。

ちょっとづつずらしていって

ひっくり返して

完了です。スナップと同じくらい簡単です。

ルアーを取り外す時は写真のようにアイを隙間に押し込んで

そのままリングをずらしていきます。

ここまでずらしたら後は外すだけ。

どうですか?簡単そうですよね。実際簡単です。

これだけ簡単でスナップのように開く心配がないのだから使わない手はありませんね。

手袋をしている時はやりにくい

簡単に取付けが出来るオーシャンスナップですが手袋をしている時はどうしても取付けにくいです。

指先が出ている手袋なら何とか出来ますが、そもそも手袋をしている時は指がかじかんでたりするので普通のスナップと比べると使いにくく感じると思います。

メタルバイブは苦手

メタルバイブのようにボディの穴がアイになっている物はそのまま取付る事が出来ません。

写真のようにスプリットリングを付けておく必要があります。

スプリットリングさえ付けておけば写真のように取付ける事が出来ます。

まとめ

琵琶湖の釣りのように何か障害物に当たる心配が少ない所ではスナップでも心配ないですが、シーバスのように常に障害物を狙う釣りではスナップが開いてしまう事がちょくちょくあります。

大切な1本を逃がさない為にもオーシャンスナップはオススメです。

私は寒すぎて指先までの手袋をしている時以外はオーシャンスナップを使うようにしています。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です