ブレードウェイカー(テッケル)。1mまでのシャローに特化したチャターベイトが気になる!

チャターは魚の目線より上を通すと効果が大きいと思います。

どうせ目線より上を通すならトップウォーターのように水面でも動かせたら良いなと思った事がありました。

私が考えるような事は誰でも考えるんですね。水面で使えるチャターが出ます。

テッケルから発売される水面でも動かせるチャターが気になってます。

デザイン

出典:YouTube

水面で動かせるようにする為にブレードの形状が変わっていますね。

通常のチャターよりブレードに受けた水を下に受け流すような形状になっていて見るからに浮き上がりが良さそうです。

スナップの取付方で探り易いレンジが変わる

普通チャターはスナップを取り外す事を考えていない為取り外すのはとても面倒なのですがブレードウェイカーはスナップの取付方を変える事で探りやすいレンジを調整する事が出来るようです。

まずはレギュラーポジション。通常のチャターよりはかなり上部にスナップが取付られていますが、他のチャターと同じように2つの穴にスナップが通るように取付られています。

続いてフロントポジション。

1番上部の穴一つだけに通すポジションです。

このように2通りのスナップの取付方法があります。

レギュラーポジションでは浮き上がりやすく浅めのレンジを引けます。

ブレードウェイカーを使うならせっかくなので水面で使いたいですよね。

その時に使うポジションはこのレギュラーポジションになります。

水面直下を攻めたい時はフロントポジションにすると良いみたいです。

一段下のレンジにはなりますがそれでも水面直下というのが特徴ですね。

フルークの取付方に驚いた

ブレードウェイカーの事とは直接関係ありませんがチャターってトレーラーがズレると不快ですよね。

トレーラーの新しい付け方を紹介されていたのですが、この取付方が良さそうなので紹介します。

まずは写真のように頭から指してオフセットフックにのように挿します。

スリットが入っている所まで刺すのがポイントですね。

そのままずらしていって。

奥まで差し込みます。

フックを抜く位置を確認したら

フックを刺して完了です。

フルークのようにスリットが入っているワームがメインの取付方にはなりますが、スリットが入っていないワームもカッターで切れ込みを入れれば同様の取付方でセット出来ると思います。

ズレにくい画期的なセッティング方法ですね。

発売は6月

動画を見てもらったら動きの凄さが分かります。

このスカートとトレーラーの動き方ヤバイですよね。

しかもそれを今まで無かった水面で使える。

期待しか無いルアーです!

発売は6月の予定のようです。今から待ちきれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です