キャスト時に引っ掛かりにくい。スプールへのラインの結び方をご紹介します。

最近スプールのラインキャパか少なくなってきています。

それこそベイトフィネスリールはスプールが透けて見える程度しか巻きませんよね。

スプールにラインを巻く量が減ってきたら気になり始めたのが巻き始めにスプールにラインを止める結びコブ。

特にベイトフィネスリールでは、投げる度に結びコブがラインと引っ掛かって不快でした。

かと言って始めをテープで止めるのはラインが出きってしまった時に一緒に飛んでいってしまいそうで嫌なんですよね。

今回はちょっとした事なのですがけっこう快適になる方法をご紹介します。

良くある止め方

私がずっとやっていた始めのラインの止め方はこの方法です。

スプールにラインを一周させた後にそこでユニノットを結び締め込む方法です。

この方法で結ぶと結びコブが必ずスプールに対して垂直に立ってしまうんですよね。

結びコブが立ってしまっているのでラインをある程度巻いてもコブがなかなかラインの中に埋まってくれないんです。

これが投げた時に不快になるんですよね。

けっこう快適な止め方

次はオススメのけっこう快適な止め方です。

スプールにラインを一周回すところまでは同じです。

ここで違うのは結ぶ方向。

メインラインの方で結ぶのではなくて、一度メインラインを通り越した輪っかになっている方にユニノットで結びます。

結ぶとこのような感じになります。

ここでのポイントは端糸を長めにしておく事。

長めにしておくと次の締め込みが楽です。

メインラインを引っ張ってある程度の所まで締め込みます。

次はメインラインと端糸を強く引っ張れば完成。

写真で分かると思いますが結びコブがスプールに対して寝た方向になるんです。

そして端糸もスプールと寝た方向に向きます。この端糸が立っているのもなかなかラインに埋まってくれなくて厄介なんですよね。

ラインを巻き始めた感じの写真です。

2周目くらいで巻きコブが埋まり初めてくれています。

些細な事ですが気持ち良く投げるにはけっこう変わりますよ。

とても快適な止め方

最後にとても快適な止め方です。

ですが最近私はこの方法を使っていません。

何故かというと方法がスプールに直径0.5ミリ程度の穴を開けてそこにラインを通した後結びコブを作って止める方法だから。

ベイトフィネススプールが出てきてしばらくはこの方法を使っていたのですが、最近のベイトフィネススプールは繊細過ぎてラインが出切ってしまった時にラインに点で引っ張られたら変形してしまいそうなので止めました。

ベイトでトラウトをやる様な時はかなり快適だったので、快適優先という方には良い方法ですね。

まとめ

結ぶ方向を変えるだけの事で快適さがけっこう変わるスプールへのラインの止め方。

どんな事でもそうですが気付いてしまえば大したことないのですが、なかなか気付かないもんなんですよね。

この結ぶ方向を変える事に気付いた時はたったこれだけの事なのに一人でテンション上がってました。

多くの人はもちろん知ってるよ。という情報だと思いますが少しの人にでも役に立てば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です