日本釣用品工業会が定めているラインの規格の内容を見てラインについて考える

どの種類のラインするか決めた後は何の数値を見て購入する物を選んでいますか?

どのラインにも表示されているのはラインの号数ですね。ルアー専用ラインにはポンド数も表示されていると思います。

ポンド数というのは割と明確で日本のラインは表示されているポンド数で切れますよ。という表示です。

(海外のラインは表示されているポンド数までは耐えられますよ。という表示のようです。)

ですが号数とはけっこう曖昧な表示だと思いませんか?どのラインも同じ太さだなんて事あり得ませんよね。

その線引きはちゃんと規格で決まっているんです。

ですが意外と曖昧な事もあったりしました。

今回はラインの規格について考えます。

ラインの号数は一般社団法人 日本釣用品工業会が定めている。

出典:一般社団法人 日本釣用品工業会

ラインの号数は一般社団法人 日本釣用品工業会が標準直径として定めた規格を出しています。

日本のメーカーは各社この基準に沿って号数表示しています。

注意点その1。同じ号数でも直径には幅がある。

規格の文章の2の所に書いてある内容ですが、「上限・下限の直径が前後の号柄の標準直径を追い越さないものとする。」とあります。

つまり同じ号数でも直径の幅があるという事がですね。

その続きには「ただし、実直径は、限りなく標準直径に近付けることとする。」

これは製品として幅があるのは仕方無いですが出来る限り標準直径に近い数値としてね。という事です。

重要なのが標準直径に近付ける事はあくまで努力義務程度の位置付けとなっている事。

ほとんどのメーカーはこの標準直径に限りなく近い直径で号数表示しているのですが、一部のメーカーは標準直径に近付ける事をせずに、直径の太い方に合わせたような商品もあります。

例えると3号の表示ですが太さは0.309(3.5号は0.310)というような商品です。

違反では無いのですが「ただし、実直径は、限りなく標準直径に近付けることとする。」という文章が入っているのにそのような商品を出すのは個人的にはちょっとなぁ。と感じます。

この文章が無いなら堂々と出せば良いと思うんですけどね。

注意点その2。号数毎に基準の強度がある訳では無い。

規格の文章の3の所にはこのように書かれています。

「強度等に関しては、各企業の裁量に委ねる」

太さについては基準を決めるけど強度や摩擦強さ等については自由にやってね。という事だと思います。

ルアーを始めるまではラインは何号だったら大丈夫。みたいな感覚でしたが何号だから最低このくらいの強度があるみたいな保証は全く無いんですね。

極端な例ですが、3号の太さで4ポンドくらいの強さしか無くてもメーカーとしては全く問題無い事になります。

ここは購入者が自己責任で判断しないといけない所ですね。

注意点その3。細ければ良い訳では無い。

規格の文章の4の所にはまた興味深い事が書いてあります。

「標準直径の計測方法は、製品の一点を三方向から計測した平均値とする。」

この文章から判断出来るのは、規格でラインの断面は円である事は全く求められていないのだと思います。

求めているのはおそらく断面積なのかな。

そうなると気になるのがラインの断面がどうなっているのかです。

断面が丸であればどの方向から擦れても同じ厚さですが、潰れていたとすると細くなっている方向から擦れたら早く切れてしまうラインになると思います。

引っ張り強度は優れていたとしても、ある角度から擦れたらすぐに切れるラインだと信頼出来ませんよね。

同じ引っ張り強度なのに摩擦強さに違いがあるのは表面処理だけでなく、綺麗に成形されたラインかどうかという事も影響するんだろうと感じました。

まとめ

日本釣用品工業会の規格のデータを見ていろいろと思う所があったので記事にしてみました。

じゃあ結局どうやってラインを選んだら良い?という事になりますよね。

私ならまず号数で判断せずに商品の直径を見て選びます。標準直径が4号のラインが欲しいから0.330に近いものといった感じですね。

その基準をベースに次はラインの耐摩擦性が大切だと考えます。

ですがこれは使ってみないと分からない事なので新しいラインを試す時は他の人のインプレを見るしかないですね。

引っ張り強度は、ラインの断面が丸に近いかどうかが分からない以上ある程度の強度が出ていればそれほど気にしても仕方が無い事なんじゃないかと今回感じました。

いくら引っ張って強くてもある方向から擦れたらすぐ切れるラインでは意味無いですもんね。

ラインで大切なのは太さと耐摩擦性。これがラインでは大切だと私は思います。

次に大切なのが硬さなどの好みと、ある程度の引っ張り強度といった感じかな。

皆さんは何かを第一に考えますか?今回の記事でなるほどと思えるような事がありましたら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

※私が最近使っているラインのご紹介です。フロロは長尺で売っているのが嬉しいモンスターブレイブZ。ナイロンは信頼のGT-Rウルトラです。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥4,878 (2020/10/01 09:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です