メガロダンクル(ジャッカル)インプレ。コイツでデカイ魚を釣り上げたい。

スイムベイトの集魚力は他のルアーよりもかなり高そうです。

いろんな方の動画を見ているとタイミングが合った時の爆発力は凄いものがありますね。

始めは5インチくらいのスイムベイトが釣れそうに感じていましたが5インチくらいならシャッドテールワームで良いような気がしてきました。

どうせなら大きいのいっとこうと買ったのがメガロダンクルです。

デザイン

ワーム素材なのにここまで綺麗な塗装がされているのが良いですね。

ワームとは思えない価格ですがこれだけ綺麗に仕上げてあるとしょうがないかなと思えてきます。

ダンクルシリーズは共通で腹針仕様、背針仕様にチューニング出来ます。

けっこう背中を咥える魚もいるようですからこのような仕様になっているのでしょうね。

どうしても私は腹側を食ってくるイメージなのですがボトムでは背中をかじるのも何となく分かります。

私のダンクルはボトム仕様にしてみました。

サイズ

全長はなんと9インチ(約22センチ)、ウエイトもかなり重めの約130gです。

参考までにウイグルワートを並べてみましたが同じ魚を狙うルアーとは思ませんね。

かなり大きいルアーなのでタックルは完全な専用タックルが必要になります。

私が持っている1番強いロッドがXHなのですがこのルアーには負けている感じですね。

正直使いにくいサイズですがこの大きさが魚を呼ぶので仕方ないですね。

出典:ジャッカル

ダンクルの他のサイズと比べてみても圧倒的な存在感です。

フックシステムが優秀

出典:ジャッカル

普通の腹針だけでなく背針仕様にも出来る様に最初から考えられています。

フックをセットする際にトリプルフックをボディに刺す方法ではなくてダブルフックで金具を挟んで固定という方法が優秀です。

エラストラマーではなく普通のワーム素材なのでフックを刺すとやっぱり痛むのが早いです。

ダンクルは刺さなくてもいいので長持ちします。

そしてフッキングした時にはしっかりと金具から外れてくれる事でバレの防止にもつながります。

ヒッチフックは付けた方が良さそう

スイミングジグでもそうですがシャッドテールの巻きの釣りはテールからガジガジ噛むようなアタリも多いですよね。

ましてやメガロダンクルはかなり大きいので丸飲みできる魚の方が少ないと判断するべきだと思います。

そうなってくると優秀なのがザップのヒッチフックフックです。

ルアーの動きを損なう事なくしっかりと固定出来るのでバイトミスで悔しい思いをする前に付けておくのが良いでしょうね。

created by Rinker
ZAPPU(ザップ)
¥770 (2020/10/01 03:21:47時点 Amazon調べ-詳細)

パッケージは捨ててはダメですよ

これは嬉しい心遣いです。

フックを腹針、背針どちらにセットしていてもそのままパッケージに収納出来るようになっています。

シャッドテールは癖が付いたら使えませんからね。

このパッケージはダンクルだけでなくシャッドテールワーム全てに採用して欲しいです。

何本か入っているうちの一箇所だけオフセットフックやスイミングジグにセットしていても入れれるスペースがあったら最高です。

アクション

かなり大きいメガロダンクルですが大きくなったからといってアクションが小さくはなっていません。

映像だと普通のシャッドテールの動きに見えますが動いているものの大きさが半端ないのでアピールも凄いと思います。

こんな大きなルアーを使っていてアタリがあったらしびれますね。

衝撃的な映像

この動画はダンクルの7インチの映像だと思いますがかなりの勢いで丸飲みされまくってます。

これを見ると背針でも全く問題ない気がしますよね。

むしろ巻きの時よりもボトムに着底する瞬間に襲われてる事が多いので背針が良さそうだと感じました。

まとめ

スイムベイトの中でもMAX級に大きいメガロダンクルに手を出してしまいました。

なかなか釣れる感覚がイメージ出来ないので投げ続けてませんが1匹釣ったらハマってしまうんだろうなぁと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です