ブルスレンダー(デプス)。スリムになったボディはゴリが多い北湖で効きそう!

発売前から注目されていたブルスレンダーが8月ついに発売になりますね。

ギルが少ない湖北ではブルフラットよりも効きそうだと楽しみにしていたルアーです。

デプスのホームページも開設されたので見ていきたいと思います。

フォルム

出典:デプス

今までありそうで無かったフォルムをしているワームです。

雰囲気としてはカルフォルニアパドルみたいな細身のパドルワームに近いかなと思っています。

パドルワームがボディの半分くらいパドルになっていたのに対してブルスレンダーは全長の1/4くらいがパドルって感じかな。

個人的には現代版パドルテールとして使おうと思っています。

細くなってもスパイラルフォールはするようです

出典:デプス

細身になったとは言っても偏平なボディを持っているブルスレンダーはスパイラルフォールをするようです。

ただブルフラットとは違うスパイラルの幅が狭い早めのスパイラルフォールみたいです。

細身になってすり抜けも良くなっているのでテキサスでのカバー打ちはやりやすくなっているでしょうね。

コアショットボディだった

出典:デプス

ブルスレンダーはリバウンドスティックなどで採用されているボディの内側と外側でソルトなどの含有量に違いを付けるコアショット製法が採用されています。

これ針持ちを維持したまま比重を上げられる釣り人に嬉しい製法なんですよね。

それだけで無く内側と外側でカラーを微妙に変える事で今までに無い雰囲気のカラーにする事も出来ます。

やっぱりメインはテキサスかな

出典:デプス

私が北湖で使う事を考えるとやっぱりメインはシンカーをフリーにしたテキサスリグが使いやすそうだと思っています。

ボトムにいるゴリとか食ってる魚に効きそう!

ウィードのすり抜けも良さそうなので、そういった場所ではジカリグも面白そうですよね。

出典:デプス

写真では横刺しでセットされていますが、縦刺しなやしてミドストとかも面白そう。

ロールしにくい偏平なボディがロールする動きはかなり良さそうですよね。

今からどうやって使おうかワクワクしてきます。

カラー

出典:デプス

カラーは11色のラインナップです。

ソリッドなカラーからコアショットらしいカラーがそろっています。

定番なカラーがそろっているのでどのフィールドでも合ったカラーが選べそうですね。

個人的にはコアショットらしい淡いカラーが好きです。

まとめ

発売は8月という事でもうすぐ発売されます。

このワームも大人気間違い無しなので見つけたら即買いしないと後悔しそうですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です