キッカーフロッグjr(エバーグリーン)。シングルフックの名作フロッグにジュニアサイズが出ました。

フロッグのフックをシングルフックにするメリットは大きく2つあります。

1つは根掛かりしにくくなる事、もう一つはヘビーなタックルでなくてもフックを貫通させられる事です。

デメリットとしては、掛かりが悪くスッポ抜けが増える事。

このスッポ抜けを少なくしたシングルフックのフロッグがキッカーフロッグとベビーデントスだと私は思っています。

今回はキッカーフロッグにジュニアサイズが出るようなので見ていきたいと思います。

ボディデザイン

出典:エバーグリーン

ボディのデザイン自体はキッカーフロッグのデザインを受け継いだデザインとなっています。

この斜め上の写真ではオリジナルサイズなのか、ジュニアサイズなのかすぐには分かりませんね。

出典:エバーグリーン

ですが比べてみると、違いはけっこう大きいです。

全長や全幅はワンサイズ小さくなっているのが良く分かります。

面白いのは体高はオリジナルと同じ体高だという事。

シングルフックなのにフッキングが良かったキッカーフロッグの良さを受け継いでいそうと感じます。

ワイドギャップのフック

出典:エバーグリーン

フックはワイドギャップのデコイ製フックが付いています。

フロッグは潰れた時に針先が出る必要がありますのでワイドギャップは不可欠です。

出典:エバーグリーン

そしてオフセットの所に付いているウエイトは、アイの部分のズレ防止の効果も持たせています。

ここがズレると使っていて不快ですからね。

キッカーフロッグから正常進化しています。

フックホールをウエイトで止める方法はこれまでと同じ

出典:エバーグリーン

フックホールを埋めるのをウエイトで行っているのはキッカーフロッグと同じです。

これって凄い合理的な方法なんですよね。

この方法を採用しているからこそ、キッカーフロッグはシングルでもフッキングが良好なんです。

フロッグって魚が咥えた時、縦方向に潰れる時もあれば横方向に潰れる時もあります。

縦方向に潰れてくれれば針先が出るのでフッキングするのですが、横方向に潰れた時シングルフックだと針先が出ないんです。

針先が出ないから当然フッキングしません。

ところがキッカーフロッグはフックとウエイトが一体になっている上、フックホールを止めるような構造になっているので、横方向に潰れた時にウエイトがズレるのと一緒にフックもズレて針先が出るんです。

コレは本当に良く出来ていますよ。

ブレードを付けられるアイは無くなった

出典:エバーグリーン

キッカーフロッグはウエイトにブレードを付けられるアイが付いていました。

ライギョ釣りもする私は、ブレード付きのフロッグも好きなので便利だったんですよね。

でも今回のジュニアにはアイが付いていません。

おそらく小さくなった事で浮力に余裕が無くなったからでしょうね。

カラー

出典:エバーグリーン

カラーは10色のラインナップです。

ナチュラル系から派手系、ブラックや可愛いネズミカラーと豊富に揃っています。

フロッグはどのカラーでも大差無いように感じていますので見やすいカラーが私はオススメします。

ウエイトがズレてしまうが解消されていると嬉しい

フックとウエイトが一体になっているキッカーフロッグ。

とても良く出来ているのですが、使っているうちにウエイトがズレるようになってしまいます。

ウエイトがズレるままにしておくと、フッキングの時にボディからフックがズレにくくなってしまうので、スッポ抜けが増えてしまうんですよね。

ズレてきてしまったら瞬間接着剤で固定すれば良いのですが、乾いている状態で行わなければならないので、その日は使えなくなっちゃうんです。

ここの強度が増していると嬉しいですね。

まとめ

出典:エバーグリーン

名作キッカーフロッグのジュニアサイズなので釣れ釣れなのは間違いないと思います。

私も確実に買って試してみるフロッグです。

使ってみて気付く事があったらまた記事にしたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です