バンタムmglにドラグサウンドを無理せずに設置する方法

以前バンタムmglにドラグサウンドシステムを設置する方法をご紹介しました。

結果としては何とか設置出来たのですが、とても他の人にオススメ出来るような内容ではなかったのでオススメしません。との結論で終わっていました。

ですがアブのドラグサウンドシステムが導入出来ると知ったのでバンタムも無理なく設置出来るのでは?という期待が膨らみました。

前回記事で書きましたが、同じコアフィットボディの20メタニウムにも設置出来ましたからね。きっと上手く収まると思います。

用意するパーツ

出典:アブガルシア

用意するパーツは20メタニウムの時と同じ、アブガルシアのREVO ALC-BF7-Lのパーツです。

出典:アブガルシア

48番:DRAG WASHER、200円を2つ。

49番:DRAG WASHER、200円を1つ。

50番:EAR WASHER、200円を1つ。

合計4点で800円です。

注意する点は右巻きの人は左巻きのパーツを。

左巻きの人は右巻きのパーツを準備する事です。

間違えるとパーツが引っかかるので巻けなくなりますよ。

組み込む前の下準備

50番:EAR WASHERですが、20メタニウムの時と同じように中央の穴のサイズが小さくてドライブギアに上手いことはまりません。

なので削って大きくします。

純正のカーボンワッシャーを重ねて油性ペンで目安を付けて削ります。

削るのはルーターがあれば、すぐに終わります。

釣りだけでなく、何かと便利なので持っていると助かりますよ。

created by Rinker
PROXXON(プロクソン)
¥7,310 (2020/12/04 11:47:40時点 Amazon調べ-詳細)

ドライブギアの中央の膨らみに合わせて削りました。

次は両側の突起を切り取ります。

矢印の部分の立ち上がりを少しペンチで少し寝かせて

ゼリー状の瞬間接着剤を付けます。

ドライブギアに貼り付けて準備は完了です。

空いている穴は以前無理矢理17エクスセンスのドラグサウンドシステムを取り付けた時のなごりです。

組み込む

まずは写真の状態まで分解します。

48番:DRAG WASHERを入れます。

本当は純正のドラグワッシャーを入れたかったのですが、部品の厚さ調整のために交換です。

ここで先程加工したドライブギアを入れます。

48番:DRAG WASHERを再度入れます。

49番:DRAG WASHERを入れます。

このギザギザに50番:EAR WASHERの跳ね上がった部分が当たって音が出る仕組みですね。

純正のスタードラグ板を入れます。

インナーチューブを入れます。

あとは本体Aとハンドルを取り付けて完了です。

まとめ

以前17エクスセンスのドラグサウンドシステムを入れた時は本当にギリギリといった感じだったのですが、今回のアブのドラグサウンドシステムはすんなり入った印象です。

またアブのドラグシステムの方がドラグが出た時に分かりやすいのも良い所です。

MAXドラグ力は下がってしまいますが、日本で釣りをしている限りは充分なドラグ力なので問題ないでしょう。

海外の怪魚やライギョを狙う人は、ドラグ力が下がる事に注意が必要です。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です