スクラム(osp)。ospがカバーネコ用のフックを開発。N.S.Sフックの進化版って感じかな。

ospが初のフックを発売するそうです。

そのフックはカバーネコ用のフックでした。

川村光大郎さんが開発したN.S.Sフックをさらにズレにくくした感じのフックです。

名前はスクラム

出典:ルアーニュースR

最初見た時は、あれ?N.S.Sフックと大して変わってないじゃん。

と思いました。

ワームキーパーの部分が少し大きくなっただけかな。といった印象です。

出典:ルアーニュースR

でも実際にセットした画像を見て納得しました。

なるほど!キーパーでワームを挟んであるんですね!コレはズレにくそう。

出典:ルアーニュースR

N.S.Sフックのワームキーパーはワームに引っかかって止まるって感じでしたが、スクラムは挟み込んで止めてる。

これはキープ力は大幅アップ間違い無しです。

ワームがくる部分にもスレッドが巻いてある

出典:ルアーニュースR

ワームが実際にフックと接する部分にスレッドが巻いてあるのはズレを防ぐのにとても良いアイデアですね。

簡単な事ですが、なかなか気付かないアイデアだと思います。

ワームを挟み込むキーパーだけでなくスレッドの抵抗でワームをズレるのを防いでいるフックです。

サイズ展開

出典:ルアーニュースR

フックサイズは2番から2/0番の4サイズです。

マスバリのネコリグセッティングはフックを大きめにするのがすっぽ抜けを防ぐコツなので、通常のサイズよりワンサイズは大きめのフックをセットする事をオススメします。

2/0まで揃っているので通常のストレートワームであれば、ほとんどのワームに合うサイズがありますね。

フックとは関係ありませんがロッドもワンランク強めのロッドにしておくとフッキングが決まりやすくなりますよ。

まとめ

出典:ルアーニュースR

ついつい後回しにしてしまいがちなフックですが、フックは魚との唯一の接点となる部分です。

結局釣りで1番大切なのはフックなんですよね。

スクラムの様に今までの良いフックをさらに改良したフックは釣り人にとって有難い事です。

どんどん改良して良いフックを出して欲しいです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です