ウッドゥンアンクルスミス(ザウルス)インプレ。ウッドになってダーターらしくなってます。

ザウルスのオリジナルのアンクルスミスは浮力がとても高く、ダーターとポッパーの中間的なルアーです。

でもザウルスのダーターらしいダーターが欲しい!という人がいる事をザウルスはちゃんと分かってたのでしょうね。

ウッド版のアンクルスミスはダーターど真ん中のルアーに仕上げてあります。

グラスアイやカップリグなどが付いていてグレード感もたっぷりUPです。

デザイン

太く短いオリジナルアンクルスミスと比べて、細く長めのボディになったウッドゥンアンクルスミス。

名前は同じですが完全に別物のルアーですね。

オリジナルは下アゴが大きく、上アゴが小さい特徴的なデザインでしたが、ウッドはダーターらしいアゴのバランスです。

グラスアイ装着

ウッドのルアーはグラスアイが付いているか、付いていないかで全然存在感が違いますよね。

やっぱりウッドルアーの雰囲気にはグラスアイが似合います。

子供の頃はオリジナルの出目がかなり好きで、ウッド版もなぜ出目にしなかったのかなぁ。と思っていましたが、今はグラスアイが正解だよね。って思っています。

あともう一つ、グラスアイが付いている位置が絶妙ですよね。

前の方に綺麗に配置してしまうと、どうしても可愛らしいデザインになってしまうのですが、離れた位置に付いている事で雰囲気が全然違います。

これも子供の頃はなんで離れて付けたんだ?と思っていましたが、長くルアーを見続けていると感覚が変わってきますね。

ザウルスのウッドルアーはカップリグ

ウッドのルアーは仕上げの綺麗さだけで無く、各パーツの品質もとても大切なところです。

グラスアイを付けているのにフックはヒートンのみ。みたいな仕上げだと雰囲気出ないですからね。

ザウルスのウッドルアーはフックをカップリグで取り付けています。

雰囲気の良さだけでなく、フックがボディに当たるのを防ぐ事が出来るリグはウッドルアーには必要不可欠です。

ウエイト

トップウォーターと言うと1オンスクラスの大きいルアーを思い浮かべますが、ウッドゥンアンクルスミスは16gと軽量です。

これくらいのウエイトだと投げるのもとても楽ですよね。

ザウルスのルアーは5/8オンス程度のサイズのルアーが多くて使いやすいルアーが多いです。

魚がスレていない場所では5/8オンスくらいのトップウォーターが1番良く釣れるサイズだと個人的には思います。

魚に気付かせるアピール具合と、食わせ具合のバランスがちょうど良いのが5/8オンスです。

まとめ

ひとつひとつ丁寧に作られたウッドルアーは、大切に長く使っていきたいという気持ちにさせます。

普段ルアーの扱いが雑な私ですが、ウッドルアーだけは丁寧に使っています。

このアンクルスミスこれからも長い事私のボックスの中で大切にしていくと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です