魚が掛かったらグリグリ巻き続ける。単純ですが1番バレにくい方法です。

魚を掛けてからのやり取り。

ルアーを始めた頃にフナ釣りでは、ほとんどバレるなんて事無かったのにルアー釣りはけっこうバレるなぁと感じた事を覚えています。

じゃあフナ釣りののべ竿とルアーロッドと比べて何が違うのか?というと長さや柔らかさですよね。

その違いで変わってくるのは、針先に常にテンションをかけられるかどうか。

当たり前ですが針先にテンションをかけ続ければ、口切れ以外のバレは無くなるんですよね。

ルアーロッドはリールが付いている事でコレをやりたくなる!

のべ竿は竿とラインしか無いので魚が掛かったら、竿とラインでやり取りするしかありません。

なのでヘラ釣りの人のやり取りを見てると常に竿を立てて、竿をしならせながらやり取りしています。

つまりラインに常にテンションをかけてやり取りしています。

ですがルアーでは、ロッドとリールがある事で余計な事をやりがちなんですよ。

それはロッドを立てながら魚を寄せて、ロッドを下ろしながらリールを巻く事。

このようなやり取りが必要なのはロッドを立てながら巻く事が出来ないような大きな魚の時で、淡水にいるような魚ではまず必要ありません。

必要ないどころか、それをやってしまうとほぼ確実にラインは緩みます。

わざわざラインを緩ませて魚に逃げるチャンスを与えてしまっているんですよ。

コレがルアーフィッシングではバラしが多い理由の一つだと思います。

じゃあ、どうすればいい?

じゃあ、どのようにすればラインを緩ませずにやり取り出来るかと言うと、答えは簡単。

ロッドを立ててひたすらリールを巻きましょう。

もう、これに尽きます。バラしたくなければひたすら巻く。コレがベストです。

イメージで分かりやすいのは、イヨケンさんのやり取りですね。

一時期、名古屋抜きと言われていましたが、魚が掛かったらひたすら巻いてそのまま抜き上げている方法です。

コレが本当に1番バラしにくいと思います。

もちろんフックが皮一枚の場合は抜き上げては駄目ですよ。イヨケンさんはあの一瞬のやり取りでその判断をしてるんです。

エサ釣りの竿とくらべて曲がる量がどうしても少ないので、リールの巻き上げでテンションが掛かるように補う感じですね。

もっと最高なのはドラグ緩め+エクストラハイギア

魚が掛かったらロッドを立ててひたすら巻くのがベストと先程言いましたが、それでも防げないバラし方があります。

そのバラし方は魚の口が切れてフックが外れるバラし方。

がまかつの方が言っていましたが、バラしの原因の半分以上はこの口切れによるものなのだそうです。

のべ竿はテンションをかけ続けられるだけでなく、余分な力をかけないようにして口切れを防ぐ事ができるのでバラしにくいんです。

じゃあルアーロッドとリールではどうすれば口切れを防げるのか?それはドラグを弱くして、リールをひたすら巻く事です。

出来ればリールはギア比が高いエクストラハイギアがテンションをかけやすくてベストですね。

ドラグを弱く設定する事で針先に過度に力をかけずにやり取りできるので口切れを最小限に出来ますよ。

やり取りの練習をしたかったらシーバスがベスト

バスしかやった事がない人はイメージがわきにくいと思いますが、シーバスってめちゃくちゃバレやすい魚なんです。

口が弱くてすぐに口切れしてしまうんですよ。

そのくせ派手にジャンプしたりするもんだから、完全に口切れさせずにやり取りするのは不可能なレベルです。

でもシーバスで練習すると他の魚では本当にバラしにくくなりますよ。

ボートで出れば1日に何回も掛ける事が出来るでしょうし、練習には最適の魚です。

ドラグ緩め+リールをひたすら巻くやり取りをすれば、バレやすいシーバスのキャッチ率は明らかに上がります。

ただ面白みが欠けるんです…

魚のキャッチ率が飛躍的に上がる、ドラグ緩め+ひたすらリールを巻く方法。

確かにバレにくいのですが、そのやり取りが面白いか?というと答えはNoだと思います。

ドラグを緩めにして、あまり魚を引っ張らないようにすると魚もあんまり暴れなくなってしまうんですよ。

そのおかげでキャッチ率は上がるのですが、やり取りの面白みは確実に劣ります。

食べる為に釣るのなら良いのですけど、リリースするのなら楽しくやり取りするのも大切ですもんね。

難しいところです。

ではどのくらいがオススメ?

ドラグを強くしすぎると口切れでバラしやすくなって、緩めすぎるとやり取りが面白く無い。

じゃあ、どのくらいの設定にしているのか?というと割と強めにしています。

強さで言ったら1.5キロから2.0キロくらいの強さのセッティングです。

結局、やり取りが楽しい方のセッティングでやっています。

ただ、この魚は取りたい!と思った時はやり取りの途中でドラグを緩めています。

今のところは、そんなセッティングに落ち着いています。

まとめ

バラしが続く時って不思議なくらい続いたりしますよね。

そんな時はラインを緩めてしまっていないか?口が切れるような強い力で引っ張っていないか?を見直すとバラしを減らす事が出来ると思います。

昔と違って一匹が貴重な今だからこそ見直してみたいですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です