ワールドクランク73F(シマノ)。昔好きだったTDシャッドに似てる。動きもシャッドに近いですね。

去年発売されたワールドミノーは人気がありますね。

使ってみた感じ確かに使いやすいミノーだという印象があります。

そして今回新しいルアーとしてワールドクランクが発売されます。

同じ「ワールド」の名前を持つだけに期待が高まりますね。

デザイン

今回発売されるワールドクランク。

クランクと名前が付いていますが、私の印象としてはシャッドの方がしっくりくるようなデザインです。

形としては昔大好きだったTDシャッドに似てます。

これが私が大好きだったTDシャッドです。(特に固定重心タイプが好き)

何となく似てますよね。

ラッキークラフトのベビーシャッドが出てからシャッドはミノーに近い存在になりましたが、昔はシャッドと言えばシャッドラップを始めとするクランクに近いルアーでした。

その時の感覚からするとワールドクランクのデザインはシャッドですね。

サイズ

全長73ミリ、ウエイトは17gです。

クランクと名前が付いているので当然フローティングなのですが、名前にわざわざFが付いているあたり今後サスペンドとかも出す予定なのかな。

個人的にはクランクはフローティングだけで充分ですが。

フックは前後共に5番が付いています。

潜行深度は3〜4m

ワールドクランクの潜行深度は3〜4mとの事です。

このサイズにしては良く潜りますね。

ただライン何ポンドで何m投げての潜行深度なのか分かりませんので、実際はそこまで到達しない可能性もありますが。

ライン何ポンドで何メートル潜るのか記載してもらえると使いやすいと思います。

シマノさんよろしくお願いします。

動きは大人しめ

ルアー紹介動画では水中の映像も紹介されています。

それを見た限りではワールドクランクの動きは割と大人しめな動きですね。

動きもクランクというよりは昔ながらのシャッドと言った動きですね。

そして浮力もクランクとしては弱めのようでゆっくりと浮き上がっていきます。

私としては現代版TDシャッドといった印象でした。

フラッシュブーストとAR-C重心移動システムを搭載

ワールドミノーと同様にフラッシュブーストとAR-C重心移動システムを搭載しています。

フラッシュブーストの効果の程は分かりませんが、AR-C重心移動システムは着水したら自動でウエイトが前方に移動する事で、重心移動でありながら立ち上がりの良さを確保出来る優れたシステム。

ワールドミノーの時にも感じましたが重心移動といった感覚が無い重心移動システムです。

固定重心の感覚で使えるのに良く飛ぶので良いですよ。

カラー

出典:シマノ

カラーは全部で10色のラインナップです。

ホームページで確認するとゴーストアユというカラーがあるようなのですが、カラー写真では載っていませんでした。

シマノさん2回キョウリンギルの写真が載ってしまってますよ!

おそらく上のフラッシュブーストのカラーがゴーストアユだと思います。

フラッシュブーストが入ると今までのカラーとは違う感じになるのが面白いですね。

まとめ

これからシマノはワールドシリーズのルアーを開発していくのでしょうね。

シマノのバスルアーの種類が増えて選択肢が増えるのは嬉しいです。

ワールドクランクも昔のシャッドっぽい感じで早く使ってみたいルアーでした。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です