ポップR(P71)が復刻されます。最大サイズの正式な復刻はかなり久しぶりのようです。

ポップRのサイズ展開は4タイプあります。

小さい方からP50、P60(61)、P65、P70です。

この中でP70だけは長い事廃盤になったままみたいですね。

何年か前にP70が売っていた記憶ですが、これは問屋が発注した特別生産モデルだったようです。

この問屋発注のP70はオリジナルでは無かったラトル音がするのだとか。

今年発売されるP71はメーカーオリジナルの70サイズのポップRです。

POP-R P71。70ではなくて71なのが気になる。

出典:Instagram

今回、発売されるのはP70ではなくP71という品番のサイズです。

なぜ70ではないのか気になります。

私はP60とP61の違いはカラー(Gフィニッシュ)の違いだけだと思っていたのですが、読者の方に教えて頂いた情報では立ち角度が違うとの事でした。

そうなると今回のP71も、サイズはP70と同じでも立ち角度が違うのかも。と期待しちゃいます。

ポッパーの立ち角度が違ったら見た目は同じでも違うルアーですもんね。

もしかしたら復刻では無くて、全く新しいポップRかもしれないです。

期待ですね。

サイズ

出典:サバン

気になるサイズは全長7.89、ウエイトは16.38gのようです。

ポッパーとしてはかなり大きなサイズです。

ここまで大きいと動かした時の動きや音もチャガー寄りになっているんだろうと予想出来ます。

参考までにへドンのチャガースプークは全長が約7.5センチ、ウエイトが5/8オンス(約18g)なのでほとんど同じサイズ感だと分かります。

フックはフロントが2番、リアが4番のフェザーフックです。

ポップR特有のモップみたいな素材のフェザーフックではなくて、柔らかそうなフェザーに変わっています。

ここはこだわってモップみたいなフェザーフックを採用して欲しかったかな(笑)

カラー

出典:サバン

カラーは6色のラインナップです。

レーベルらしい1.2.3理論(そんな感じでしたよね?)の柄が入ったカラーのみのラインナップ。

レーベルらしくて良いですね。

まとめ

ベイトリールではちょっと投げにくいオリジナルサイズのP60。

なので私は投げやすいP65をかなり愛用しています。

P71だとベイトリールで投げやすい重さのど真ん中。

チャガースプークとの使い分けも面白そうです。

まだ正式な発売はいつなのか分かりませんが期待出来るルアーですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です