ワンダー80(ラッキークラフト)インプレ。シンキングペンシルはこのルアーから始まった。

今となっては当たり前となったシンキングペンシルというジャンル。

でもシンキングペンシルってラッキークラフトのワンダーが出るまで無かったジャンルなんです。

今では無くてはならないジャンルを作ったラッキークラフトのワンダー80をご紹介します。

動きが弱い!最初の印象は良くなかった

ワンダーが発売された時は今でも何となく覚えています。

確か最初は広大な琵琶湖のウィードエリアを広く誘う為のルアーだったと思います。

手に入れて使ったのですが、それまで使っていたルアーと比べて動きが弱い!

それこそ動いていないのでは?と思うような印象でした。

今では動きは強ければ良い訳では無いと考えるようになりましたが、その頃は派手な動きが好きだったのもあって投げ続ける気がしないルアーでしたね。

結局バスで使う事はありませんでした。

シーバスで人気が出る。

しっかりと使い込むこともせずに使う事をやめてしまったワンダー。

でもルアーを見る目がある人は凄いですね。シーバスに効く事を見つけたんです。

シーバスに劇的に効く事が分かるとワンダーの人気は一気に高まります。

それこそ新しいシンキングペンシルというジャンルが出来るくらい釣れまくったみたいです。

私がシーバスを始めた頃には、もう不動の人気ルアーになっていたワンダーですが、最初の印象ってなかなか変えられないもので投げる気にはならなかったんですよね。

結局シーバスをやり始めた頃に使っていたのはラパラのカウントダウンでした。

ボートシーバスを始めてワンダーの凄さを知る

長い事シーバスにはミノーとバイブレーションだけしか使って無かったのですが、シーバスのガイド船に乗るときにシンキングペンシルが必要だと伝えられます。

それで初めて使ったのですが、本当に驚きましたね。

ちょうどバチ抜けの時期だったのもあって、ミノーに全く食ってこないのにワンダーにはガンガン食ってくるんですもん。

それも特別な事は何も無くて、ゆっくり巻くだけ。

それだけで入れ食いにもなりました。

サイズ

全長は80ミリ、ウエイトは11.5gです。

3/8オンスクラスですがリップのように抵抗になる物が無いので気持ち良く飛ぶんですよ。

フックは前後共に8番が付いています。

ルアーのサイズに対してフックが若干小さめなので、サイズアップをしたくなるところですが、やめた方が良いです。

けっこう繊細なバランスなので動きが変わっちゃいますよ。

標準のフックから太軸に変えただけで釣れなくなると言う人もいるくらいですから。

でも標準のフックはあまり良くないんですよね…

カラー

出典:ラッキークラフト

ワンダーのカラーは驚くほど多いです。

確かにショップに行くたびに違うカラーがあったりするので、たくさんあるなぁとは思っていたのですが想像をはるかに超えた多さでした。

ワンダーは小魚を食っている時も、バチを食っている時にも対応するので、その両方のカラーが揃っている感じですね。

定番のイワシカラーも良いですけど、ピンク系でも良い思いをした事があります。

バチ食っている時にはピンク系がナチュラルカラーなのでしょうね。

まとめ

シンキングペンシルの始まりのルアーであるワンダーは今でも人気があります。

ワンダーを追っていろいろなルアーが出ましたが、やっぱりワンダーの方が良いという人が多かったのでしょうね。

ラッキークラフトは本当に釣れるルアーを良く作っているメーカーですね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
ラッキークラフト(LUCKY CRAFT)
¥1,594 (2021/04/10 21:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です