リアクションと食わせをミックスした瞬テキ。釣れる要素たっぷりのリグ

レイドジャパンの動画を見ていると良く出てくる瞬テキ。

私の地元の五三川でも釣っていて釣れそうなリグだなぁと思っていました。

リアクションと食わせをミックスしたリグである瞬テキを解説している動画が出ていたのでご紹介します。

瞬テキとは?

瞬テキって何なの?っていう人もいると思います。

瞬テキはレイドジャパンのファットウィップ3インチを使ったライトテキサスの釣りです。

それをメタルバイブのようにボトムでしゃくってリアクションで食わすんです。

魚が渋くなるこの時期に使うテクニックとして岡さんが覚えて良かったと思える方法なんですね。

ロケで各地をまわる岡さんが覚えて良かったと思うテクニックの瞬テキ。

私たちも覚えたら、あと1匹を追加出来そうなテクニックです。

メタルバイブのようにリアクションで食わす

瞬テキは見た目は小さいワームのライトテキサスです。

でも普通のリグとは考え方が違います。完全にリアクションを狙っているんですよ。

魚が良く付く岩場などのごちゃごちゃした場所。

リアクションで食わせたくてもメタルバイブでは引っかかってしまいますよね。

そのような場所でリアクションで誘う事が出来るのが瞬テキなんです。

動画を見ていてもロッドのアクションの付け方を見ているだけでは瞬テキを使っているのか、メタルバイブを使っているのか区別は出来ないです。

それくらい動かし方は似てますよ。

セッティング方法

続いて瞬テキのセッティング方法です。

ポイントなのはシンカーをペグ止めしない事。

ペグ止めしてしまうとアクションを付けた後の食わせのタイミングになる、ノーシンカー状態を作れなくなってしまうからです。

瞬テキの強さはリアクションと食わせの融合。

ペグ止めはしないようにしましょう。

ファットウィップは上下で非対称になっています。

スリットが深い側がフックポイントになります。

シンカーの重さは2.6gと3.5gを状況によって使い分けているようです。

フォールでリアクションさせる釣りでは無いのでシンカーは軽めですね。

フックはリューギのダブルエッジがベストマッチ。

私も最近このフックを良く使っているのですが、掛かりの良さとワームへのセッティングのし易さのバランスが本当に良いです。

普通掛かりを優先すると、ワームにはセッティングしにくくなって根がかりも増えるのですが、ダブルエッジはセッティングがギリギリしやすいレベルにセッティングされています。

深く掛かるしセッティングも決まるし、良いフックです。

注意点としてあげていたのがワームとシンカーが真っ直ぐになるようにセットする事。

写真のようにフックのアイをワームに入れる事で結び目がズレる事を防げるので、ワームとシンカーが常に真っ直ぐになります。

斜めになるとラインがヨレてしまうので要注意です。

アクションの付け方

アクションの付け方も解説があります。

基本的にメタルバイブと同じで、ボトムを取ってロッドをしゃくるの繰り返しですね。

イメージ的にはメタルバイブよりしゃくった時のロッドの戻しが瞬テキの方が早いかな?といった程度の違いです。

ここでも注意点の説明があります。

しゃくる時にロッドをラインを張ったまま動かさない事です。

ちゃんとラインを緩めて、その緩んだラインを張るようにしゃくるのがポイントですね。

これはメタルバイブも同様の事が言えると思います。

リズム良くしゃくっていると写真のようなバスが食ってくる。最高ですね!

まとめ

冬の釣りはどのようにリアクションで食わせるのかがポイントになってきます。

メタルバイブやメタルジグ、ビッグスプーンやラバージグ。色んなリアクションの釣りがありますが、瞬テキはリアクションの釣りで最もライトな釣りかと思っています。

リアクションの釣りにライトリグの食わせのタイミングを組み合わせた瞬テキ。

考えただけで釣れそうですよね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

created by Rinker
レイドジャパン
¥880 (2021/04/10 23:48:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です