レンジローラー(カルティバ)。ミドスト専用のジグヘッド。スウィングヘッドを越えられるか。

ミドスト用のジグヘッドとして絶対的な信頼をしているカルティバのスウィングヘッド。

重心が高く設定してあるのでミドストで使うとワームのロールの仕方が全然違います。

使い始めてからずっとミドストにはスウィングヘッドを使ってきましたが、カルティバがスウィングヘッドを進化させたようなジグヘッドを出します。

レンジローラー

出典:カルティバ

スウィングヘッドはワームにセットした時に普通にセットしてもウエイトがワームの上方になるように工夫がされたフックでした。

その優れた所は残しながら改良されたのがレンジローラーです。

出典:ルアーニュースR

上の写真はサカマタシャッドにセットした例です。

フックの軸よりもウエイトが上にあるので自然に重心を上に出来ます。

これが出来るか出来ないかで動きが全然変わるんです。

特徴

スウィングヘッドと比べて変わった所を見ていきたいと思います。

アイが縦アイに変更

ミドストでジグヘッドを使う時ノットがズレてしまうとアクションが変わってしまいます。

スウィングヘッドはノットが前に来る事を防止する為に横アイが採用されていました。

横アイはノットが前にズレてくるのを抑えてくれるのでロールアクションを維持するのには適していましたが、ゴミは引っ掛かりやすくなる欠点があります。

レンジローラーは縦アイを採用した上にアイの約半分にウエイトを被せる事で、ノットのズレとゴミの引っ掛かりにくさを両立。

これは実際に使うとかなり快適度が上がっていると思います。

ワームキーパーをU字キーパーに変更

スウィングヘッドはナイロンタイプのワームキーパーが採用されています。

想定ですがテストの時は4インチ程度のワームでテストしていたんでしょうね。

小さめのワームでは問題無いのですが、デスアダー6インチのような自重のあるワームだとズレやすいんです。

なので私はセットしてから瞬間接着剤で補強して使っています。

レンジローラーはワイヤー製のU字ワームキーパーに変更されています。

このタイプのワームキーパーのホールド力は優れていて多くのルアーに採用されています。

デスアダーのような自重のあるワームもズレにくくなりそうです。

重いウエイトもあります。

私がデスアダー6インチに使うウエイトはほぼ1.8gです。

3mくらいの水深までで使いやすいのは個人的には1.8gなんです。

ところが少し前に流行ったサカマタシャッドのミドストはもっと深い所を攻めるミドストなので、ウエイトは3.5gや5gが使われていました。

レンジローラーを開発したのはデプスの松下さんなので、その重いウエイトももちろん加えられています。

そして2.7g以上のウエイトはヘッドだけでなく軸にもウエイトが付いているようです。

ワームに薄く刺してもはみ出ないように針先側のウエイトは極力薄くなっているのが分かります。

ミドスト用に作ってあるジグヘッドの特徴ですね。

ん?ガード付き?

気になったのがこの写真。

ルアーニュースRで紹介されていた写真なのですが、ナイロンガードと思われるガードが付いています。

いづれはナイロンガード付きの物も発売されるのかもしれませんね。

ちょっとしたガードが付いているだけで、かなり根がかりは減らせます。

特におかっぱりで釣りをする時はガードが欲しいですよね。

いつかガードモデルも追加される事を期待します。

まとめ

ずっと長い間ミドスト用のジグヘッドとして使ってきたスウィングヘッド。

これの使い心地を超えそうなジグヘッドがついに出てきました。

ワームをロールさせたい時には外せないジグヘッドになりそうです。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です